iPhone 14は上位モデルをのぞきノッチデザインを維持?画面内蔵Touch IDも搭載しない可能性

来年秋に発売予定のiPhone 14シリーズは、画面上部のノッチ(切り欠き)を引き続き採用する可能性があると、米メディアが伝えている。パンチホールデザインが採用されるとの情報が一部からあったが、必ずしもその通りになるわけではないようだ。

この情報を伝えているのは、米Apple系メディアMacRumors。同メディアは中国Weiboの情報を引用する形で、iPhone 14シリーズの画面のデザインについて報じた。

iPhone 14は上位モデル以外ノッチが継続採用?

iPhone 14はフロントカメラの内蔵箇所にだけ穴を開けた、パンチホールデザインを採用すると一部で報じられていた。しかし、最新の情報によるとその可能性は低く、TrueDepthカメラを搭載するために引き続きノッチが採用されるとのこと。また、画面内蔵Touch IDが搭載されることもないという。

この情報については、Appleの未発表製品に関して高い予測精度を誇る著名アナリストMing-Chi Kuo氏と、著名リーカーであるJon Prosser氏も同様の見解を示してしている。ただし、iPhone 14シリーズの一部モデルについてはパンチホールデザインが採用される可能性はまだ残っているようで、Jon Prosser氏によると最上位モデルとなるiPhone 14 Pro Maxが少なくともそれに該当するとのこと。スタンダードモデルとされるiPhone 14(とiPhone 14 mini?)については引き続きノッチが搭載される可能性があると指摘する。

今年、AppleはiPhone 13シリーズでTrueDepthカメラ (フロントカメラ) 周りの設計を変更したことで、ノッチの小型化を実現した。来年以降にはノッチそのものが廃止されることに期待がかかっているが、それが実現するのは少なくともプロモデルあるいは最上位モデルのみに留まり、状況によっては来年も採用されない可能性もあるようだ。

ただ、こういったリーク情報は、最近ではほとんど当てにならないものが多いことから、今回の情報を信用しすぎるのもやや危険と言えるかもしれない。あくまで参考程度として捉えておくべきだろう。

関連記事
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。