iPhone 14/14 ProのRAM容量は全モデル6GB。Xcode 14 Betaから明らかに

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは今月16日より、次期フラグシップモデル 「iPhone 14」 シリーズを順次発売する。

同シリーズは、スタンダードモデルとして 「iPhone 14」 「iPhone 14 Plus」 の2機種、ハイエンドモデルとして 「iPhone 14 Pro」 「iPhone 14 Pro Max」 の2機種の合計4機種が発売するが、今年のモデルはメモリ容量が6GBで統一されるようだ。

米Apple系メディアMacRumorsによると、iPhone 14シリーズは 「iPhone 14」 から 「iPhone 14 Pro Max」 まで、すべて6GBのRAMを搭載するとのこと。

iPhone 14/14 Pro、全モデルが6GBのRAMを搭載

昨年のiPhone 13シリーズは、スタンダードモデルの 「iPhone 13 mini」 「iPhone 13」 が4GB、ハイエンドモデルの 「iPhone 13 Pro」 「iPhone 13 Pro Max」 が6GBと、モデル間で容量に差が設けられていた。

メモリ容量が増加する理由については不明ながら、メモリパーツを統一することでコストカットの狙いがあるのか、あるいはカメラ性能の向上に伴いより多くのメモリを必要としたのかは不明だが、下位モデルを購入しようと考えている人には朗報とも言えるかもしれない。

ちなみにこのデータは、Xcodeベータ版から発見された情報であるとのこと。以前にも同様の手口でメモリ容量が割り出され、正しかったことから今回の情報は正確である可能性が高い。

「iPhone 14」 「iPhone 14 Plus」 はどちらも9月9日(金)21時より予約受付が開始される。発売は 「iPhone 14」 が9月16日、「iPhone 14 Plus」 が10月7日を予定している。価格はiPhone 14が119,800円〜、iPhone 14 Plusが134,800円〜 (いずれも税込) 。

また、上位モデルである 「iPhone 14 Pro」 シリーズについても9月9日(金)21時より予約受付が開始される。価格は、iPhone 14 Proが149,800円~、iPhone 14 Pro Maxが164,800円(税込)~。発売は9月16日(金)を予定。

関連記事
iPhone 14シリーズの予約・発売日・価格の比較まとめ。Apple/ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルで9月9日午後9時より予約開始
iPhone 14シリーズ全種類を比較。iPhone 14 Pro|14 Plus|14 Pro Maxの機能・スペック・価格まとめ

▶︎ iPhone 14/14 Proの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。