iPhone 14シリーズはプロモデルのみA16プロセッサ搭載か。無印モデルにはA15が引き続き搭載?

iPhone 13 Pro/iPhone 13 mini

Appleは今年後半に、新型フラグシップモデル 「iPhone 14」 シリーズを発売するとみられる。例年どおりであれば、iPhone 14シリーズには次世代プロセッサ 「A16 Bionic (仮称)」 が搭載されるはずだが、今年はすこし事情が異なるようだ。

Appleの未発表製品に関して高い情報精度を誇る人物が、iPhone 14シリーズに搭載されるチップは上位モデルと下位モデルで異なると伝えている。

iPhone 14シリーズは上位・下位モデルで搭載チップが異なる?

(画像:Apple)

iPhone 14シリーズは、上位モデルとして 「iPhone 14 Pro / 14 Pro Max」 、下位モデルとして 「iPhone 14 / 14 Max」 が用意される予定だが、このうち上位モデルには次世代プロセッサ 「A16 Bionic」、下位モデルには現行プロセッサ 「A15 Bionic」 が引き続き搭載されるとのこと。著名リーカーのMax Weinbach氏と米Bloombergの記者Mark Gurman氏、そしてTF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の3名が同様の情報を伝えている。

これまでシリーズ全体におなじプロセッサが搭載されてきたiPhone。なぜ、今年は違うプロセッサが搭載されるのだろうか。

その理由についてMax Weinbach氏は、「A16 Bionic」 が採用する4nmプロセスの製造キャパシティが足りないと説明。「A16 Bionic」 に加えて、M2、M2 PRO、M2 Max、M2 Ultraチップも同じく4nmプロセスを採用するとみられるため、チップを製造するTSMCの製造が追いつかないことが原因ではないかと推測している。

もし今回の情報が事実であれば、iPhone 14シリーズの下位モデル 「iPhone 14 / 14 Max」 は昨年発売したiPhone 13シリーズや、まもなく発売するiPhone SE(第3世代)と同等の性能を持つ可能性が高い。なお、今年限りの措置なのか、それとも来年以降もそうなるのかは現時点では不明。

なお、iPhone 14シリーズには6GBのRAMが搭載されることになるとのこと。ただし、下位モデル 「iPhone 14 / 14 Max」 にはLPDDR 4X、上位モデル 「iPhone 14 Pro / 14 Pro Max」 にはLPDDR 5が搭載される予定のようだ。

関連記事
iPhone 14 Pro、薬型パンチホールのサイズ・デザインが判明?iPhone 15は全モデルでノッチ廃止との噂
2022年に発表されるApple新製品の情報・スペックまとめ。発売時期も予想してみた

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。