「iPhone 14 Pro」 「iPhone 14 Pro Max」 9月16日発売。予約受付は9月9日(金)午後9時から

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間9月7日、Appleは新製品発表イベント 「Far out.」 を開催。同イベントのなかで、新型iPhoneである 「iPhone 14 Pro」 「iPhone 14 Pro Max」 を発表した。

「iPhone 14 Pro」 シリーズは、6.1インチモデルの 「iPhone 14 Pro」 と、6.7インチモデルの 「iPhone 14 Pro Max」 の2種類が用意される。価格は、iPhone 14 Proが149,800円〜、iPhone 14 Pro Maxが164,800円(税込)〜。

どちらも9月9日(金)21時より予約受付が開始され、発売は9月16日を予定している。

「iPhone 14 Pro」 「iPhone 14 Pro Max」 は、どちらも先代モデルの基本デザインを踏襲。内蔵プロセッサを、A15からA16 Bionicプロセッサに変更し、基本性能を向上させたマイナーアップデートモデルとなっている。

先代モデルから大きく進化した箇所は、画面と内蔵プロセッサ、そしてカメラ機能にある。

まずはディスプレイについて。従来どおり6.1インチ/6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載するが、これまでインカメラなどを搭載するために設けられていたU字型のノッチは、新たにピルケース型パンチホールに変更されている。

この仕組みをAppleはDynamic Islandと呼んでおり、黒の表現に長ける有機ELディスプレイの特性をうまく活用し、通知や着信などシチュエーションに応じてインタラクティブに黒の領域が動くことで、パンチホールの部分を違和感のないようにする工夫がなされている。

さらに画面は新たに常時点灯に対応した。リフレッシュレートは1Hz〜120Hzの可変式で、表示するコンテンツに合わせて変動させることで、パフォーマンスとバッテリー消費のバランスを取る。

常時点灯に対応するにも関わらず、「iPhone 14 Pro」 のバッテリー持続時間はビデオ再生時で最大23時間、オーディオ再生時で75時間となっている。「iPhone 14 Pro Max」 に至っては、それぞれ最大29時間と95時間となっている。

ディスプレイの輝度は1,600ニト、ピーク輝度は2,000ニトで、太陽光など明るい環境下でも画面が見やすくなる。

内蔵されるSoCは、4nmプロセスで製造された 「A16 Bionicプロセッサ」 。160億以上のトランジスタを搭載し、構成は高性能コア2つと高効率コア4つの合計6コア。競合他社のSoCに比べて最大40%高速なほか、消費電力が20%低減されるなど省電力性能が向上している。なお、GPUは5コア、Neural Engineは16コア構成。

また、新たにディスプレイの制御を担うDisplay Engineが搭載され、画面のリフレッシュレートや常時表示機能などを効率よくコントロールできるようになっている。

内蔵カメラは、クアッドピクセルセンサーを採用した4,800万画素の広角カメラ、1200万画素の超広角カメラ、1200万画素の望遠カメラのトリプルレンズ仕様。広角カメラの画素数が大幅に増加したほか、機械学習によるノイズアイソレーションが利用可能に。センサーも65%大型化されており、4つのピクセルをひとつにするピクセルビニングに対応。取り込める光の量が最大2倍となり、より明るい写真が撮影できるようになっている。

また、クアッドピクセルセンサーにより2倍望遠オプションも利用できるようになり、センサーの中央部分の12メガピクセルを使って、デジタルズームを使用せずにフル解像度の写真や4Kビデオを撮影できるようになっている。光学ズームは従来どおり最大3倍。

センサーシフト式手ぶれ補正機能も第2世代に進化。より手ぶれの少ない写真・映像が撮影することが可能になっている。

そのほか背面のライトがカメラに連動する機能にも対応し、フロントカメラがAFに対応するなど、カメラ機能は大幅に強化されている。

「iPhone 14 Pro」 は遂に衛星通信に対応する(まずは米国とカナダにて提供を開始)。あくまで緊急時の利用に留まるが、山や海といったキャリアの電波が届かないエリアでSOSを発信したい場合に役立つだろう。

SOS機能としては車の衝突検出にも対応した。内蔵される新たなハイダイナミックレンジジャイロ、高重力加速度センサーにより、車同士の衝突を検知。警察などに緊急通報される仕組みとなる。Apple Watchの転倒検知機能と似た安心な機能だ。

なお米国版はSIMカードトレイが廃止され、完全eSIM化が図られる。日本で販売されるモデルについてはSIMカードスロットは引き続き搭載され、nano-SIMとeSIMによるデュアルSIMが利用可能だ。

充電は最大15Wのワイヤレス充電に対応するほか、別売りの20W電源アダプタに繋ぐことで急速充電が利用でき、約30分で最大50%まで充電できる。防水・防塵仕様はIP68相当(最大水深6メートルで最大30分間まで耐えられるレベル)。

ストレージ容量のラインナップは128GB/256GB/512GB/1TBの4種類。カラーラインナップは、スペースブラック/シルバー/ゴールド/ディープパープルの4色展開。価格は、iPhone 14 Proが149,800円〜、iPhone 14 Pro Maxが164,800円(税込)〜。

どちらも9月9日(金)21時より予約受付が開始され、発売は9月16日を予定している。

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。