iPhone 14 Proシリーズは薬型パンチホールデザインを採用、Face IDは画面下に?著名リーカーが伝える

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

photo by MacRumors

今年秋に発売するとみられるiPhone 14シリーズの上位モデル、「iPhone 14 Pro (仮)」 はついにノッチが廃止される可能性があるようだ。現地時間1月6日、著名リーカーのひとりであるDylan (@dylandkt) 氏がTwitterで明らかにした。

Dylan氏の報告によると、iPhone 14 Proシリーズは画面上部のノッチが廃止され、代わりにフロントカメラを搭載するための穴が開けられるという。

穴の形状はAndroidスマートフォンでありがちな円形ではなく、横に長い薬型になるとのこと。このパンチホールの中にフロントカメラが搭載されることで、端末のおもて面に対する画面専有率が改善されるものとみられる。

また、顔認証センサー 「Face ID」 は画面下に配置されるとのこと。ユーザーからは見えない位置に移動する可能性がありそうだ。

これまでもiPhone 14 Proにパンチホールデザインが導入されるという情報は報じられてきたが、薬型のパンチホールデザインを採用するという情報は今回が実質的に初めてとなる。

Dylan氏の信ぴょう性はほかリーカーやジャーナリストに比べて低いものの、過去に予測を的中させた実績があることから、今回の情報は今年の新型iPhoneに関する有力な情報のひとつとなりそうだ。

関連記事
iPhone 14は上位モデルをのぞきノッチデザインを維持?画面内蔵Touch IDも搭載しない可能性
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。