今秋発売とされる 「iPhone 14 Pro」 のレンダリング画像を著名リーカーが公開。最近の噂を忠実に反映

Appleが今秋に発売するとみられる、次期iPhoneの上位モデル 「iPhone 14 Pro」 のレンダリング画像が著名リーカーによって公開された。

レンダリング画像を公開したのは、これまでApple未発表製品に関する情報を多数リークしてきたJon Prosser氏。Apple系メディア 「AppleTrack」 のエディターとして活動するイアン・ゼルボ氏が制作した画像を自身のYouTubeチャンネル 「FrontPageTech」 にて紹介した。

公開されたレンダリング画像は、「iPhone 14 Pro」 に関するこれまでの噂を忠実に反映させたものになっている。

最近の噂では、「iPhone 14 Pro」 シリーズはノッチ(画面上の切り欠き) 部分に変更が加えられるとの情報がある。これまではUの字になっていたノッチだが、今年の新型モデルからはパンチホール型の穴と、ピルケース型の穴がふたつ開けられる構造になり、端末における画面専有率が拡大する見通しとなっている。

背面はこれまで同様にカメラユニットおよびカメラレンズがデバイスから飛び出る形状を維持。カメラはトリプルレンズを採用し、その脇にLEDライトとLiDARスキャナを搭載する予定のようだ。なお、広角レンズは4,800万画素のものが搭載されるなど、カメラ性能が高くなると予想されている。

本体の4角はわずかに丸みを帯びる可能性があるようだ。理由については不明ながら、高画素化にともないカメラユニットが大きくなることが本体デザインに影響を与えたのかもしれない。

今年のカラーラインナップには、新たにパープル系が追加されるとの予想がある。しかしながら、カラー展開については直前まで正確な情報が出ないことが多く、また実際の色味についても噂とは異なる可能性があることから、今回のレンダリング画像で採用されている色味はあくまで噂程度として捉えておくべきだろう。

今回公開された画像は最近の噂を忠実に再現した高クオリティのものになっているため、ぜひご覧いただきたい。

(画像:FRONT PAGE TECH)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。