iPhone 14シリーズの金属製モックアップとみられる写真が公開。やはりminiモデルは廃止か

iPhone 13シリーズ (画像:Apple)

今秋に発売する新型iPhoneの 「iPhone 14」 シリーズは、ラインナップの一部が従来から変更されるとの噂だ。

具体的には、画面サイズが6.1インチと6.7インチの2種類のみになり、それぞれのサイズにProモデルと通常モデルが用意される予定。従来までのminiモデルは次期シリーズでは廃止になる可能性が高いとされている。 

この情報を裏づけるような、iPhone 14シリーズの金属製モックアップの写真が中国Weiboで発見された。MacRumorsが伝えている。

iPhone 14シリーズの金属製モックアップ画像が発見?

上記がWeiboで発見された写真。従来まで伝えられていた情報どおり、サイズは6.1インチと6.7インチの2種類のみとなっていて、3眼カメラを搭載したProモデルと、2眼カメラを搭載した通常モデルが用意されている。

そして、画像ではminiモデルにあたる5.4インチモデルの金属製モックアップが用意されていないことから、やはり次期シリーズでminiモデルは廃止されてしまうということになりそうだ。

iPhoneの金属製モックアップはサードパーティーメーカーがiPhone用ケースの作成のために使用するものである可能性が高く、確実な情報であるとは言い切れないものの、これまでに噂されてきた情報と一致することから、この4モデルになる可能性は高いのではないだろうか。

(画像:MacRumors)

iPhone 14シリーズの各モデルの名称は、6.1インチモデルがiPhone 14/iPhone 14 Pro、6.7インチモデルがiPhone 14 Max/iPhone 14 Pro Maxになるという。

このうち、上位モデルにあたるiPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxには薬型パンチホールが採用され、通常モデルのiPhone 14/iPhone 14 Maxはノッチが継続採用されるとのこと。また、搭載SoCに関してはProモデルのみA16が搭載され、通常モデルはひきつづきA15が搭載されると噂されている。

関連記事
iPhone 14 Pro、薬型パンチホールのサイズ・デザインが判明?iPhone 15は全モデルでノッチ廃止との噂
iPhone 14シリーズはプロモデルのみA16プロセッサ搭載か。無印モデルにはA15が引き続き搭載?

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。