2023年の新型iPhone、いよいよUSB-Cが搭載?最上位モデルの名称は 「Ultra」 に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

iPhoneの充電端子のUSB-C化が多くのユーザーから望まれてからしばらく経つが、ようやく2023年の新型iPhoneで実現することになりそうだ。

米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏は、自身のニュースレター 「Power On」 の最新号で、2023年の 「iPhone 15 (仮称)」 ではiPhoneのデザインが一新されるほか、USB-Cポートが搭載されることになると伝えている。

iPhone 15シリーズはデザイン刷新&USB-C化か

先日発売したiPhone 14シリーズは、大まかなデザインはiPhone 12シリーズを踏襲している。昨今のiPhoneのデザイン変更の周期はおおよそ3年となっていて、iPhone 15シリーズがiPhone 12シリーズの発売からちょうど3年目に当たることから、Mark Gurman氏はデザインの刷新を予想しているようだ。

また、iPhone 15シリーズではいよいよLightningポートが廃止され、USB-Cポートが搭載されるようになるという。USB-Cポートが搭載されることで、MacBookなどと充電器&充電ケーブルを統一でき、より便利になるはずだ。

さらにiPhone 15シリーズの最上位モデルの名称は、従来の命名ルールに従った場合は 「iPhone 15 Pro Max」 になるはずだが、Mark Gurman氏は、「iPhone 15 Ultra」 になると予想しているようだ。

Apple Watch最上位モデルにも 「Ultra」 という名称が使用

昨今、Appleが最上位モデルに使用している 「Ultra」 という名称。これをiPhoneシリーズにももたらすつもりなのかもしれない。

もしこれが実際に起こるのだとしたら、先週発売したばかりの 「Apple Watch Ultra」 のように、“Pro” ブランドの上位カテゴリの製品が新設されることになる。また、iPhone 15 Ultraはプロモデルである 「Phone 15 Pro」 とも性能差が設けられる可能性があるだろう。

”Ultra” という名称をつけるのであれば、筆者としては、M1チップのグレード展開と同じ、M1/M1 Pro/M1 Max/M1 Ultraの様に、iPhoneも 「iPhone 15」 「iPhone 15 Pro」 「iPhone 15 Max」 「iPhone 15 Ultra」 のほうが分かりやすい気がするのだが、来年のiPhoneシリーズはどのように命名されるのだろうか。

関連記事
2022年に発表されるApple新製品の情報・スペックまとめ。発売時期も予想してみた
iPhone 14 Pro レビュー|画面は点灯し続け、ノッチも離岸し島に。その実現手法はまさにAppleの魔法

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。