iPhoneの「1970年1月1日」に設定すると文鎮化する不具合は今後のアップデートで修正へ

先日、iOSデバイスで「1970年1月1日」に設定して再起動を行うと、起動開始のリンゴマークから進むことができず、文鎮化してしまうという情報をお伝えしたが、Appleは急いで同問題について対処を行なっているようだ!

同問題は今後のソフトウェアアップデートで解消へ

iphone-clock-bug2

本日、Appleは今回のバグについてのサポートドキュメントを公開しており、今後のソフトウェアアップデートで問題の修正を行うことを発表している。

このサポートドキュメントを見ると、今回のバグはiOSデバイスの日付を「1970年5月」以前に変更し再起動をすると、デバイスの起動が不可能になることを認めており、今後公開されるアップデートファイルの中に同問題を修正するデータを追加することを明らかにした。

「今後のアップデート」が一体いつリリースされるのかは不明だが、Appleは開発者やパブリックベータ参加者向けに毎週のようにソフトウェアアップデートを公開しており、新機能が着実に導入されている。一般向けのiOSリリースもiOS 9.2以降、しばらくリリースされていないことから、もう少しで公開されるものと思われる。

噂では3月にAppleが開催する新製品発表イベントで一般向けの「iOS 9.3」をリリースすると言われているので、もしかするとその時に同問題の解消が行われるかもしれない。

iPhoneの日付を「1970年1月1日」に設定するとiPhoneの動作が軽くなるなど悪質なデマも存在するくらいなので、もうしばらく同問題に注意を払うようにしておこう。

[ via 9to5Mac ]

iphone-clock-bug2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう