次期iPhoneは全3モデル体制に 最上位機種にはトリプルレンズカメラ搭載、2020年には全モデルでOLEDを搭載へ

2019年秋に発売する次期iPhoneはやはりトリプルレンズカメラを搭載するようだ。米メディアThe Wall Street Jounalが、2019年の新型iPhoneについて独自情報を公開している。

次期iPhoneは3モデル体制、最上位モデルはトリプルレンズカメラが搭載

WSJによると、次期iPhoneのラインナップは現行モデルと同じ3種類で、そのうちの最上位機種(6.5インチモデル?) の背面にはトリプルレンズカメラが搭載されるという。

また、液晶ディスプレイを搭載したiPhone XRの後継モデルに関しては、シングルレンズカメラではなくデュアルレンズカメラが搭載される模様。

ただし、ハイエンドモデルの中でも5.8インチモデルの後継機種に関しては、引き続きデュアルレンズカメラが搭載されるとの情報。この理由は不明だが、おそらく最上位機種との差別化を図るためであると予想される。

すでに2019年のiPhoneについては、著名リーカーからレンダリング画像が公開されており、今までに見たことのない形状のトリプルレンズカメラが搭載されると予想されている。Appleらしくないと言えばらしくないデザインではあるものの、今回のWSJの情報から考えると、Appleは本当にトリプルレンズカメラの実装を考えているのかもしれない。

ちなみに、WSJは2020年のiPhoneは全モデルで有機ELディスプレイを搭載すると伝えている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。