次期iPhoneのトリプルレンズカメラは5.8インチと6.5インチモデルに搭載か 内向きカメラも1,200万画素にアップグレードとの予測

いよいよiPhoneにもトリプルレンズカメラが搭載へーー。以前から囁かれている次期iPhoneのカメラアップグレードの噂だが、これについて新しい情報が登場した。

情報を提供したのは、これまでApple製品に関して正確な予測を繰り返してきたTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏。同氏は18日に、次期iPhoneに関する情報を投資家向けレポート内で公開した。

内向きカメラが1,200万画素に、トリプルレンズカメラはXSとXS Maxの次期モデルに搭載?

Kuo氏によると、2019年に発売する次期iPhoneにはいずれも1,200万画素の内向きカメラ(TrueDepthカメラ)が搭載されるとのこと。これまでは700万画素だったため、単純に撮影できる写真は綺麗になるとみられる。主にセルフィー写真の撮影やFaceTime通話に役立つだろう。

ただし、内向きカメラは中には使わないという人もいるだろう。多くのユーザーが関心があるのは、内向きカメラではなくやはり背面カメラだ。

2019年発売の次期iPhoneの一部にはトリプルレンズカメラが搭載されると噂だが、Kuo氏はトリプルレンズカメラは5.8インチモデルと6.5インチモデル、つまりiPhone XSとiPhone XS Maxの後継モデルに搭載されると伝えた。

トリプルレンズカメラの内訳は、現行モデルにも搭載されている1,200万画素の広角レンズと1,200万画素の望遠レンズに加えて、ソニー製の1,200万画素(超広角レンズ)が搭載されるとのことだ。

また、トリプルレンズカメラ搭載によって背面の見た目が悪くならないように、レンズの存在をわかりにくくするブラックレンズコーティング技術を採用しているという。

  2018 2019 (Kuo氏の予想)
iPhone XS/XS Max
(5.8/6.5インチ)
iPhone XR
(6.1インチ)
次期iPhone XS/XS Max
(5.8/6.5インチ)
次期iPhone XR
(6.1インチ)
背面カメラ デュアルレンズ
望遠 + 広角
(どちらも12MP)
シングルレンズ
広角:12MP
トリプルレンズ
望遠 + 広角 + 超広角
(いずれも12MP)
デュアルレンズ
望遠 + 広角
(画素数不明)
前面カメラ シングル
7MP
シングル
7MP
シングル
12MP
シングル
12MP

これまでの情報から、次期iPhoneのラインナップはカオス化すると予想されている。Appleの未発表製品に関して高い信ぴょう性を誇る国内メディアMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)が伝えた情報では、次期iPhoneは6.1インチモデルと6.5インチモデルのストレージ容量の大きいモデルにトリプルレンズカメラが搭載されるという。しかも、もしかすると次期iPhoneはトリプルレンズカメラ搭載モデルが別途作られる可能性も指摘されており、実質5モデル体制になることも考えられる。

しかし、今回のKuo氏の情報では次期iPhoneのラインナップは全部で3種類になる可能性が高く、トリプルレンズカメラを搭載したiPhoneは3つのうち2つと、これまでのiPhoneのラインナップが崩れることはなさそう。

  Macお宝鑑定団Blog(羅針盤) Ming-Chi Kuo
機種 (サイズ) ①6.5インチ(XS Max後継機種)
②5.8インチ(XS後継機種)
③6.1インチ(XR後継機種)
上記①③の大容量ストレージ搭載モデルのみ3眼レンズカメラ搭載?
トリプルレンズカメラ搭載モデル
①6.5インチ(XS Max後継機種)
②5.8インチ(XS後継機種)
デュアルレンズ搭載モデル
③6.1インチ(XR後継機種)

Kuo氏とMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)が伝えた情報には食い違いがある。これまでのAppleの戦略を考えると、Kuo氏の予想が妥当な線である気もしなくないが、果たしてどのモデルにトリプルレンズカメラが搭載されるのだろうか。

ちなみに、Kuo氏は次期iPhoneのうち、iPhone XRの後継機種についてはデュアルレンズカメラが搭載されると予想している。

関連記事
次期iPhoneのトリプルレンズカメラ搭載機種は6.1インチと6.5インチモデルの2種類か
次世代iPhoneの図面がリークか トリプルレンズカメラ搭載を確認?

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。