新型iPhoneの存在が確認か ユーラシア経済委員会のリストに未確認デバイス情報が掲載

今年秋に発売するとみられる新型iPhoneの存在が、早くも確認か。

EEC(ユーラシア経済委員会 : Eurasian Economic Commission)のデータベース上に、まだ発表されていないデバイスの情報が登録されており、それが新型iPhoneのものではないかとインドメディアMySmartPriceが報じた。

次期iPhoneのものと思われるモデルナンバーがEECに登録

Appleは新型モデルを発売する前に同委員会に承認を得るのが通例。同委員会のリストを確認すると、新たに登録された機種 (モデルナンバー) は、A2111、A2160、A2161、A2215、A2216、A2217、A2218、A2219、A2220、A2221、A2223の全部で11種類。

これまでの過去のデバイスのモデルナンバーと似た番号であることから、この11種類の新しいモデルナンバーはすべて、あるいはこのうちの一部が新型iPhoneのものである可能性がある。

↑クリックで拡大

過去の情報をまとめると、新型iPhoneは昨年と同じく3種類用意されていて、このうちiPhone XS/XS Maxの後継機種は初のトリプルレンズカメラを搭載すると噂されている。カメラレンズは背面左上に三角に並ぶように配置され、カメラユニット全体も従来のデュアルレンズカメラに比べて大型化するとの予想だ。

また、iPhone XRの後継機種も用意されており、こちらはデュアルレンズカメラが搭載されるとの噂。同モデルには新カラーとしてグリーンとラベンダーの2色が、既存のコーラル・ブルーに置き換わる形で登場するという。

しかし、これ以上の大きな変化は少ないとみられているため、今年はiPhoneXS/XRシリーズからのマイナーアップデートになるだろう。iPhoneの販売に苦戦を強いられているAppleだが、米中関係が再び悪化している現状の中、マイナーアップデートモデルで復活することができるのだろうか。

関連記事
次期iPhone XRの背面ガラスが流出 やはりグリーンとラベンダーが新色として登場か
次期iPhoneのカメラレンズ数は1個ずつ増える予定 XS後継機がトリプルレンズ、XR後継機はデュアルレンズに

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ
Apple(アップル) (2018-03-28)
売り上げランキング: 454
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。