次期iPhone用ケースのハンズオン動画が公開 大きなカメラ穴が特徴

今秋登場する新型iPhoneは昨年同様3モデルになり、このうち次期iPhone XS/XS Maxにはトリプルレンズカメラが、次期iPhone XRにはデュアルレンズカメラが搭載されると噂だ。

これらのカメラユニットには共通部品が使われる可能性が指摘されており、いずれのモデルも大きなカメラユニットが特徴的なデザインになると予想されているが、これらの新型iPhone用のものとみられるケースが登場、9to5Macがハンズオン動画を公開している。

背面カメラの大きな穴が特徴的な次期iPhone用ケース

9to5Macが紹介しているケースはサードパーティ製のもので、同メディアはこのケースを中国から入手したという。ケースは3種類あり、9to5MacはそれぞれのモデルをiPhone 11、iPhone 11 Max、iPhone 11Rと呼称している。

いずれのケースも背面カメラ部分に正方形状の大きな穴が空いており、噂されている大きなカメラユニットの搭載を想定して作られていることが伺える。

カメラ以外では、各種ボタンにも新しい発見があったようだ。9to5Macによると、iPhone 11 Max(次期iPhone XS Max)用のケースでミュートスイッチやサイドボタン、音量ボタンの位置が微妙に下にずれていることが確認できたとのこと。

確かに動画を見ると位置がズレていることが確認できるが、ほんの少しだけであることから、これまでのモデルと使用感は大きく変わらないものとみられる。

今回のケースはApple純正ではないものの、メーカーによっては独自情報をもとに次期iPhone用のケースを作ることがあるため、ケースの分析は地味に重要だ。

今回の分析の結果、新型iPhoneはこれまで噂されてきた内容どおりのデザインになっている可能性が高いとみて良いだろう。これまでの噂を確認する場合は以下の関連記事からどうぞ。

関連記事
次期iPhone XRの背面ガラスが流出 やはりグリーンとラベンダーが新色として登場か
次期iPhoneは屋内ナビゲーション性能が向上 アンテナ素材が変更、超広帯域無線システムにも対応へ
次期iPhoneのカメラレンズ数は1個ずつ増える予定 XS後継機がトリプルレンズ、XR後継機はデュアルレンズに

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。