次期iPhoneの3眼カメラの位置が確認できる部品がリーク

今秋に発表される次期iPhoneの一部モデルには、トリプルレンズカメラが搭載されることが各方面から噂されている。

このトリプルレンズカメラは次期iPhone XS/XS Maxのストレージ容量が大きいモデルに搭載されるという情報も登場しているが、同モデルの部品と思われる写真が中国Weiboに投稿、著名リーク者のBen Geskin氏(@VenyaGeskin1)がTwitterで紹介している。

次期iPhoneの3眼カメラが確認できる部品がリーク

Weiboに投稿された写真は以下。左上のカメラ部分には3つのカメラ用と思わしき穴が空いていることが確認できる。

トリプルレンズカメラは三角形の形に並んでおり、以前にSteve Hemmerstoffer氏(@OnLeaks)が公開したレンダリングMr·white氏(@laobaiTD)が公開した図面にかなり近い構造になっている。True Toneフラッシュの位置もぴったり合っていることから、もしかすると本物である可能性も高そうだ。

トリプルレンズカメラに関しては、これまでデュアルレンズカメラに搭載されてきた広角レンズと望遠レンズの2種類に加えて、より広い視野や高いズーム倍率を備えた超広角レンズが搭載されると噂されている。詳細については以下の関連記事から確認していただければと思う。

関連記事
次期iPhoneの最上位モデル、やはりトリプルレンズカメラを搭載へ USB-CポートやLive Photosの改良なども計画
次期iPhoneのトリプルレンズカメラは広角・超広角・望遠の3種類のレンズを使用 望遠レンズは3倍光学ズームに対応

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。