今年発売の新iPhoneは三眼レンズカメラ搭載 著名リーカーが伝える

今年、Appleは3つの”眼”を持ったiPhoneを発売する予定なのかもしれない。海外メディアDigit.inは、著名リーカーOnleaks氏からの情報をもとに次期iPhoneのレンダリング画像を作成し、公開した。

次期iPhoneにはやはりトリプルレンズカメラが搭載

Digit.inによると、次期iPhoneは背面にトリプルレンズカメラを搭載するという。これらのトリプルレンズカメラは、これまでのiPhoneの背面カメラのように出っ張る方式になる模様。カメラのレンズの並びはiPhone XやiPhone XSのような洗練された縦並びではなく、三角形の配置になるという。

ただし、ランドスケープでの撮影に適した縦並びになった経緯を考えると、再び横並びになるという説はやや違和感もある。カメラの性能については明らかになっていないが、昨年には著名リーカーのBen Geskin氏が、f1.6の明るいトリプルレンズを搭載すると伝えていた。

ちなみに、OnLeaks氏が伝えるところによると、次期iPhoneは技術検証試験(EVT)であるとのこと。この段階を無事パスすることができれば、次は設計検証試験(DVT)を経て、今年の夏前には量産検証試験(PVT)に移るものと予想される。

また、今年登場する次期iPhoneは昨年と同じく3モデル体制になることが予想されるが、この”三眼レンズ”が搭載されるのがどのモデルなのかは明らかになっていない。おそらくハイエンドモデルの2機種になるとの予想だが、現段階ではまだEVT段階であることから発売までに変更される可能性もあると、Digit.inは伝えている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。