いよいよiPhoneにもProMotionディスプレイ(120Hz)が採用か

iPad Proでお馴染みのProMotionテクノロジーを採用したディスプレイが、いよいよiPhoneにも搭載されることになるのかもしれない。

中国の著名リーカーのひとりであるIce universe氏(@UniverseIce)が、独自で入手した情報として伝えた。

2020年のiPhoneにはProMotionテクノロジーが搭載か

Ice universe氏は、2020年に発売するiPhoneにリフレッシュレート60/120Hzの切り替えができるディスプレイが搭載されると伝えた。Appleはディスプレイ供給元のSamsungや新規供給元のLG Displayと協議しているという。

リフレッシュレートとは画面が1秒間に書き換えられる頻度を示す。例えば60Hzは1秒間に60回書き換えられ、120Hzになると1秒間に120回も書き換えられることになる。つまり、リフレッシュレートは高ければ高いほど画面の書き換え頻度が高くなり、画面の描写がより滑らかになる。

すでにApple製品の中ではiPad Proが120Hzのリフレッシュレート (ProMotionテクノロジー) を採用したディスプレイを搭載しているが、Ice universe氏の情報によればいよいよiPhoneにも採用されることになりそうだ。

なぜ、AppleはProMotionテクノロジーをiPhoneに搭載しようとしているのか。考えられるのはApple Pencilへの対応。現在、Apple PencilはiPadのみが利用できるデバイスだが、最大120HzのProMotionディスプレイとセットで使うことで従来よりも滑らかに絵を描くことが可能だ。もし、AppleがiPhoneのApple Pencilサポート化を真剣に考えているのであれば、ProMotionテクノロジーの新規採用もありえないわけではなさそう。

とはいえ、Ice universe氏のリーク情報はあまり信憑性が高くないことも有名。2020年のiPhoneともなれば当然ながら設計も最終段階ではないため、今後変更になる可能性も十分に考えられる。今回の情報については、現時点では期待しすぎは禁物だろう。

関連記事
2020年のiPhoneは全部で4モデル?5.4/6.1/6.7インチモデルに加えてiPhone 8に似た廉価モデルを採用か
11インチiPad Pro レビュー 〜新型モデルの良さはどこに?

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 1,886
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。