2020年のiPhoneは背面に3Dカメラを搭載しAR機能を強化へ 4.5m離れた位置まで認識可能

次期iPhoneにはトリプルレンズカメラが搭載されると伝えたBloomberg。同メディアは今年のiPhoneだけでなく、来年発売予定のiPhoneに関する情報も伝えている。

以前から噂されている、3DカメラがiPhoneの背面に搭載されるという話だ。以下で、この噂の詳細をお伝えしよう。

2020年発売のiPhoneには背面に3Dカメラが搭載

同記事を公開したMark Gurman氏によると、2020年に発売する予定のiPhoneの背面には3D認識できるカメラが搭載され、iPhoneのAR機能が強化される見込みなのだという。

皆さんもご存知の通り、現行のiPhoneにはすでにAR機能を利用するためのカメラが前面と背面に搭載されている。

前面カメラは顔認識機能 「Face ID」 を有効にするためのもの。無数の光を発して被写体の形を認識する、投光イルミネータ式ドットプロジェクターが搭載されている。

しかし、背面カメラも被写体を立体的に認識することができるが、現在はハードウェアではなくソフトウェアで空間を認識しているため、空間認識精度がそこまで高くないのが現状だ。

そこでAppleは3D認識をするためのセンサーを新たに搭載させる予定。この新しいセンサーは、TrueDepthカメラ (前面カメラ) のドットプロジェクター方式ではなく、レーザースキャナー方式となる模様。iPhoneから約15フィート (4.5m) 離れた位置まで空間を把握することが可能で、AR技術の向上が期待できる。

このセンサーはSonyが開発したものを流用する予定で、信頼できる情報筋はすでにAppleとSonyが話し合いを開始していると話しているとも伝えられている。

さらに、このAR技術に関してはiPhoneだけでなく、iPad Proなど他の製品に応用することも検討されているようだ。もしかすると、以前から噂されているApple独自のARヘッドセットに応用される可能性も考えられる。

まだ2019年の次期iPhoneが発売されていない中の情報であるため、今後も変更される可能性は十分にあり得るが、昨年あたりからAppleは3D認識ができるARカメラを搭載すると噂されていたことも踏まえると、Bloombergの情報は非常に信憑性がある。2020年頃のポケモンGOは、よりリアルなピカチュウが画面に現れるようになるかも。期待しておきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。