iPhone 12シリーズ、基本デザインは全モデル共通。違いは画面サイズとカメラの個数か

今秋に発売を予定している 「iPhone 12 (仮)」 シリーズ。ハイエンドモデルが6.1インチ・6.7インチの2種類、ミドルレンジモデルが5.4インチ・6.1インチの2種類で、全4種類が用意されていると噂されているが、このうち少なくとも3機種については同じデザインが採用される予定であることが確認されたという。国内メディアMacお宝鑑定団Blog (羅針盤) が伝えた。

iPhone 12のうち3機種は同じデザインが採用

Macお宝鑑定団Blog (羅針盤)は今回の情報をAppleのサプライヤーメーカーからもたらされたものであると伝えており、ハイエンドモデルとミドルレンジモデルのそれぞれの内訳は不明ながら、以下の3種類のiPhoneの存在が確認できたようだ。

  • 5.4インチモデル
  • 6.1インチモデル
  • 6.7インチモデル

5.4インチモデルと6.1インチモデルはいずれもデュアルレンズカメラを搭載しているということから、おそらくミドルレンジモデルとしての位置づけとなる端末で、iPhone 11の後継機種になるデバイスだ。Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によれば、5.4インチモデルはiPhone SEとiPhone 8の中間の高さ、6.1インチモデルはiPhone 11とiPhone 11 Proの中間の高さであるとのことだ。

そして6.7インチモデルについてはトリプルレンズカメラを搭載し、iPhone 11 Pro Maxよりもわずかに高さが増える可能性があるとのこと。この理由は、背面カメラのセンサーサイズが大きくなるからだという。

これらのiPhoneはいずれも有機ELディスプレイを搭載し、製品デザインは基本共通のものになるとのこと。厚みが7.40mm前後となるものの、ディスプレイベゼルの厚みが2mmとなるという。それぞれの製品の(デザイン的な)違いは、底面にあるマイク穴の数や本体サイズなどに限られる模様。

画面サイズ 個別仕様 共通仕様
5.4インチ ・iPhone SEとiPhone 8の中間の高さ
・2眼カメラ
・共通の製品デザインを採用
・有機ELディスプレイ搭載
・TrueDepthカメラ搭載
・厚みが7.40mm前後
・ベゼルの厚みが2mm
6.1インチ ・iPhone 11とiPhone 11 Proの中間の高さ
・2眼カメラ
6.7インチ ・iPhone 11 Pro Maxよりもわずかに高さが増える
・3眼カメラ

※6.1インチの3眼レンズ仕様のモデルの存在は確認できず

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)は、まだMing-Chi Kuo氏など著名アナリストらが指摘している4つ目の新型iPhone (ハイエンド型の6.1インチモデル) については確認できていないというが、少なくとも今回言及した3機種については製品デザインは変わらないということから、ユーザーはカメラレンズの数と機能の違いだけでデバイス選びをすることが可能になるかもしれない。

関連記事
2020年発売のiPhone、全モデルでOLEDを採用か 画面サイズは5.4/6.1/6.7インチ、画面の薄型化も噂される
iPhone 12のメモリ容量は最大6GB、全モデルで有機ELディスプレイ搭載か。著名USBアナリストが予測

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド
Apple(アップル)
¥ 38,270
Amazon.co.jp
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。