Apple、次期iPhoneにAirPodsを同梱販売?懐疑的な情報がDigiTimesから登場

現地時間29日、Appleは2020年の次期iPhoneにAirPodsを同梱して販売する計画があると台湾メディアDigiTimesが報じている。

DigiTimesによると、AppleやSamsung、Xiaomiなど各スマートフォンベンダーは次期スマートフォンにTWSイヤホン(完全ワイヤレスイヤホンのこと)を同梱して販売する計画であるとのこと。Appleでいえば 「AirPods」 、Samsungでいえば 「Galaxy Buds」 を同梱することになる。

次期iPhoneにはAirPodsが同梱?

現在、AppleはiPhoneに税別2,800円の 「EarPods with Lightning Connector」 を同梱して販売しているが、これがAirPodsになるというのがDigiTimesの情報。ただしAirPodsは22,800円(税別)で販売されている現状を考えると実現する可能性はかなり低そう。これまでのDigiTimesの情報はフェイクあるいは偽情報が多かったことも考慮すると、今回の情報はかなり信憑性に欠けると言わざるを得ないだろう。

しかも次期iPhoneは5Gに対応し、デザインも刷新されることが予想されているため、わざわざAirPodsを同梱せずともiPhoneの販売台数は伸びるはず。

さらにAirPodsもAppleにとってはドル箱製品。そんな製品を同梱するメリットがないだけでなく、場合によってはAirPods Proの売り上げが落ちる可能性すらある。これらを考慮したら、AppleがAirPodsをiPhoneに同梱する可能性はとても低いと考えていいのではないだろうか。

これについては海外メディアMacRumorsも同意見のようだ。ただし、AppleがEarPodsに変わる新しい製品をiPhoneに同梱したいと考えている可能性についても言及しており、DigiTimesの報道について可能性はゼロではないことを伝えている。

その上でMacRumorsは、もしAirPodsがiPhoneに同梱されるのであれば 「iPhone 12 Pro」 シリーズになるとも予想している。来年、Appleは3つの新型iPhoneの発売を計画していると噂されているが、そのうちの上位モデルにあたる 「iPhone 12 Pro/ iPhone 12 Pro Max」 の2機種にAirPodsが同梱される可能性もあるのかもしれない。

関連記事
AirPods 第2世代 実機レビュー | 着実な性能向上も、本当に購入するべきか検証してみた
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリング機能

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。