次期iPhone、iPad Proの角ばったデザインに HomePod MiniおよびAirTagは2020年内に発売へ

Appleは今年多数の新製品を発売する計画だが、最も注目されているのはやはり毎年9月に発売されている次期フラグシップ型iPhoneだろう。

2020年のiPhoneは4つのモデルが用意されていると噂されているが、少なくともそのうちの2モデルに関してはiPad Proのような角ばったデザインになるようだ。米メディアBloombergの名物記者Mark Gurman氏が伝えた。

次期iPhoneはiPad Proのような角ばったデザインに

同氏のレポートによれば、4機種ある次期iPhoneのうち2機種は 「iPhone 11」 を置き換えるローエンドモデル。引き続きデュアルレンズカメラを搭載との予想だ。

そして残る2機種のハイエンドモデルについては最新iPad Proに搭載されたトリプルレンズカメラ+LiDARスキャナが搭載されると予想。さらに現在の湾曲したエッジではなく、iPad Proのような直角エッジのデザインを採用しているとも予想している。

エッジ(側面)に使用される素材はステンレススチールで、高級感は維持される模様。もしこの情報が本当であれば、次期iPhoneは2020年に発売した 「iPhone 5」 を彷彿とさせるものになるだろう。

また、次期iPhoneはベゼルレスデザインを引き続き採用するが、TrueDepthカメラ(Face ID用カメラ)を搭載するためのノッチについては現行モデルのものに比べて小型化される可能性があるとも指摘されている。先日、次期iPhoneのリーク画像が登場していたが、その画像にも小型化されたノッチのデザインが示されていた。

これらはTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が伝えていたものと重複する部分があり、実績が多い両者からの情報であることを踏まえると今回の情報は事実である可能性はかなり高いと考えられる。

HomePodの小型モデルやAirTagについての情報も

ちなみにBloomergは、HomePodの小型モデルは2020年後半に発売予定、かねてから噂されている紛失防止タグ 「AirTag」 については近く発売するとの見方を示している。HomePodの小型モデルについては既存製品と同じデザインを採用するが、大きさが半分程度になるとのことだ。

また、MacBook Pro、Apple TV、低価格iPadの新型モデル、iMacの新型モデルについても2020年内に発売する計画と伝えた。

追記:HomePod miniの発売時期に関する記載に誤りがあったため、記事内容を一部修正しています。2020年後半(Second Half of This Year)に発売するようです。

関連記事
Appleが2020年前半に発売する7つの新製品。AirTag、小型ワイヤレス充電マット、新型iPad/Mac、ハイエンドヘッドホンなど
iPhone 12の詳細デザインがiOS 14から明らかに?小型化されたノッチやホーム画面のウィジェットなど

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。