2020年発売のiPhone、全モデルでOLEDを採用か 画面サイズは5.4/6.1/6.7インチ、画面の薄型化も噂される

2020年に発売する次期フラグシップ型iPhoneは、5G対応デザイン変更、そして背面カメラに3Dセンシング機能が搭載されることが予想されているが、本体前面に搭載される画面についても大きな仕様変更の可能性があることがわかった。

韓国メディアET Newsが報じたところによると、Appleは次期iPhoneを3機種用意しており、上位モデルは5.4インチ/6.7インチ、下位モデルは6.1インチの大きさの画面を搭載するとのこと。

2020年のiPhoneの画面サイズは5.4インチ/6.7インチ/6.1インチの3種類に

これら3機種には、いずれも有機ELディスプレイが搭載される。これまで上位モデルのみが有機ELディスプレイが搭載されていた。

ただし、上位モデルと下位モデルの有機ELディスプレイには差が設けられており、上位モデルには 「Y-OCTAディスプレイ」 というSamsungの技術を採用し、従来のものよりもディスプレイの厚みが薄くなることが予想されるとのこと。iPhone 11の後継機種は従来のフィルムベースの有機ELディスプレイが搭載されることが予想される。画面が薄くなることで、iPhone全体の厚みが薄くなる可能性がある。

ちなみに、画面のサイズでいえば合計で3モデルのラインナップが噂されている次期iPhoneだが、5G対応モデルが個別に発売する可能性があり、合計で4種類のiPhoneが用意される可能性があるとのこと。

これまでの噂では、次期iPhoneの3モデル説は有力だ。ラインナップは5.4/6.1/6.7インチの3機種で、これはET Newsの情報と一致する。また、5G対応モデルが登場する可能性が濃厚だが、5Gについてはすべてのモデルがサポートする予定で、個別の5G対応モデルは存在しない可能性が高いとされている。

また、一部のメディア・アナリストの予測では6Gのメモリを搭載すること、そして画面内蔵型のTouch IDが搭載されることも予想されているが、これらが2020年のiPhoneで実現するかは未知数となっている。

関連記事
iPhone 12 Proのメモリ容量は6GBか iPhone SE 2も2月に生産開始の噂
2020年のiPhoneは全モデルが5G対応。アンテナデザインも5G通信の最適化のために改良へ 著名アナリストKuo氏が伝える

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。