2020年のiPhoneは全部で4モデル?5.4/6.1/6.7インチモデルに加えてiPhone 8に似た廉価モデルを採用か

今秋、Appleは3種類の次期iPhoneを発売する予定。5.8インチ、6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデル、そして6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルで、現行モデルと同じラインナップになるとの予想だ。

そして、2020年のiPhoneはデザインが大幅に変更されるメジャーアップデートモデルになると噂されているが、デザインの変更とともに、Appleはラインナップの刷新も考えているのかもしれない。

JPモルガンのアナリストが2020年に4種類のiPhoneが発売する予定だと述べたことがわかった。米CNBCが伝えた。

2020年には4種類のiPhoneが発売か

JPモルガンのアナリストSamik Chatterjee氏によると、Appleは2020年に4種類のiPhoneを発売予定であるとのこと。その4つのiPhoneとは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの画面を搭載した有機ELディスプレイ搭載モデル、そしてiPhone 8のような大きさの廉価モデルが用意されるとの予想だ。

  • 5.4インチ → 次期iPhone XSの後継モデル
  • 6.7インチ → 次期iPhone XS Maxの後継モデル
  • 6.1インチ → 次期iPhone XRの後継モデル
  • iPhone 8の後継モデル

有機ELディスプレイ搭載モデルについては、現行モデル(iPhone XSやiPhone XRなど)を改良したものになると言われている。さらに5Gに対応したり、背面カメラに3Dセンシング技術が盛り込まれたりと、新機能が多数搭載される予想だ。これらについては既報の通り。

ただし、Samik Chatterjee氏はさらなる廉価モデルの存在に言及している。同アナリストによると、iPhone 8と同じサイズの端末になる予定で、5Gや有機ELディスプレイを採用しない、コンパクトで安価なモデルになるという。

廉価版といえば、Appleは昨年秋、iPhone Xシリーズに廉価モデル 「iPhone XR」 を投入したことが記憶に新しい。iPhone XRはiPhone Xシリーズと同じベゼルレスデザインを採用したものの、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイを搭載し、さらに背面カメラもシングルレンズカメラを採用するなど、随所でコストダウンの跡がみられた。iPhone XSシリーズほど高級なモデルを必要としないユーザーに向けて販売されている。

そして2019年にも同様の廉価モデルが登場する見込み。有機ELディスプレイは引き続き搭載しないが、背面カメラはデュアルレンズカメラにアップグレード。その代わり、上位モデルの有機ELディスプレイ搭載モデルはトリプルレンズカメラにアップグレードされる予定であるため、iPhone XRの後継機種は引き続き廉価モデルという立ち位置だ。

しかし、2020年は”第2の廉価モデル”が登場する可能性が出てきた。どんな端末になるのか詳細は語られていないが、「iPhone 8と同じ大きさ」 ということはもしかするとTouch IDを引き続き搭載したモデルになるのかもしれない。

ちなみにiPhone 8の後継モデルの話が出たのは今回が初めてのことではなく、英金融機関BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏らが今年5月に同様の情報を伝えていた。

同アナリストらによると、Appleは2020年前半にiPhone 8をベースにした新型iPhone SEが発売するという計画を立てているとのこと。真偽は不明だが、iPhoneの販売に苦戦していること、iPhone SEの再登場について一定数のユーザーから期待されている現状を踏まえると、Appleが安いiPhoneを作っていても決して不思議ではなさそうだ。

関連記事
iPhone XIのロジックボードがリーク、L字型から長方形に バッテリー容量も2割増加か
画面内蔵型指紋認証センサー搭載iPhone、やはり2020年に登場する可能性あり?

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 1,219
iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 895
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。