新型iPhoneにはブルー、オレンジの新色が存在か。過去には著名リーカーも言及

現地時間10月6日、Appleは新製品発表イベント 「Hi, Speed.」 を同月13日に開催すると発表。同時に、新製品発表イベントのロゴを披露した。

このロゴが意味するものはなんだろうか。先月の新製品発表イベント 「Time flies.」 では青いAppleロゴが表示され、イベントで発表された新型Apple Watchこと 「Apple Watch Series 6」 に青いモデルが投入されたことが記憶に新しい。

つまり、今回の新製品発表イベントのロゴも同じく、今回の新製品(=新型iPhone?)の新カラーを示しているのではないだろうか。もしそうなら、今回の新型iPhoneにはオレンジとブルーのカラーが追加されるかもしれない。

新型iPhoneには新カラーとしてブルーやオレンジが追加か

iPhone XRのコーラル

この予想は単なる筆者の憶測に過ぎないかもしれないが、とはいえ著名リーカーやアナリストも過去に新カラーの候補としてブルー、オレンジを挙げていたことがある。たとえば著名リーカーのひとりMax Weinbach氏。

2020年1月当時、Max Weinbach氏はYouTuberのEverythingAppleProを介して、新型iPhoneの新色について言及。ネイビーブルーが追加されると伝えていた。また、著名リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏もオレンジカラーのiPhoneの登場を示唆するツイートをしたことがある。

有没有搞措氏は直接的に言及したわけではないため、情報精度という意味ではイマイチだったものの、今回の新製品発表イベントのロゴにオレンジのカラーが登場したことから、やはりオレンジのカラーも追加されることになるのだろう。オレンジのiPhoneは 「iPhone XR」 で投入されたが、翌年登場した現行モデル 「iPhone 11」 シリーズでは廃止されてしまっている。

ちなみに有没有搞措氏は、今回のAppleの新製品発表イベントの告知後に、以下のツイートをしている。「わかりやすい画像です。この意味がわかりますか?」 とし、やはりオレンジとブルーが新カラーモデルであることを示唆しているように見えるが、果たしてどうなるだろうか。

関連記事
6.1インチ型iPhone、やはりマルチカラー展開へ ブルーやレッド、オレンジなど5つのカラー
新型iPhoneの6.1インチ液晶モデルはやはりマルチカラー展開か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。