2020年発売のiPhoneはToFカメラを背面に搭載へ ディスプレイ内蔵の指紋認証センサー採用は見送りか

iPhoneのディスプレイ内蔵型指紋認証センサーの採用は、やはり2020年になっても実現しない可能性が高い。

TF International SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は投資家向けレポートで予測。彼によると、2020年に発売するiPhoneは顔認証機能を引き続き搭載することになるという。

2020年発売のiPhoneも引き続き顔認証センサーが採用か

Ming-Chi Kuo氏が予測する2020年のiPhoneは全部で3種類。5.4インチ、6.7インチの有機ELディスプレイを搭載した上位モデル2機種と6.1インチの有機ELディスプレイを搭載した下位モデル1機種の全3機種になるという。

昨日の情報では、これらすべてが次世代通信規格5Gに対応するとKuo氏は予想しているが、さらにKuo氏は生体認証機能と背面カメラに関する情報も伝えた。

Kuo氏のレポートによれば、2020年のiPhoneには顔認証機能が引き続き搭載予定。一部では画面内蔵型の指紋認証センサーがiPhoneに搭載されるのではという噂話も出ていたが、Kuo氏はこの情報を否定した形となる。

これまで未発表のApple製品に関する予測を打ち出しては悉く言い当ててきた人物の予測なだけに、この情報は信憑性が高い。指紋認証センサー(Touch ID)の復活を期待していた方にとってはやや残念な情報とも言えるかもしれない。

また、Kuo氏によれば2020年発売のiPhoneの背面カメラにはVCSELを使用したToFセンサーが搭載されるという。ToF (Time-of-Flight Camera) センサーとは光の飛行時間を利用して三次元情報を計測可能なセンサーのことだ。

顔認証センサーに使用されているTrueDepthカメラとも似ているが、背面カメラに搭載されるToFセンサーは15フィート (4.5メートル) 程度まで離れた位置でも3Dマッピングできるという。

主にARや写真撮影に使われる機能となりそうだが、ARで使えばよりリアルな体験ができそうだ。ちなみに、TrueDepthカメラは25~50センチ程度の認識範囲になっている。

Ming-Chi Kuo氏はこのToFカメラは全3モデルのうち上位2モデルにのみ搭載されると予想している。

関連記事
2020年発売のiPhoneは全機種で5Gネットワークをサポートか Ming-Chi Kuo氏が伝える
2020年のiPhoneに搭載されるA14チップ、やはり5nmプロセスで製造か

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 1,245
iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)
iPad mini Wi-Fi 64GB

posted with amazlet at 19.07.29
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 407

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。