2020年発売のiPhoneは5.42インチ・6.06インチ・6.67インチモデルの3種類か すべてに有機ELディスプレイが搭載?

今年秋、Appleは3種類の次期iPhoneを発売するとみられているが、来年秋のiPhoneも3モデル構成になる可能性が高いようだ。台湾メディアDigiTimesがサプライチェーンから得た情報として伝えている。

DigiTimesによると、Appleは2020年に3種類のiPhoneを投入する予定。その内訳は5.42インチ・6.06インチ・6.67インチモデルで、これらすべてのモデルに有機ELディスプレイが搭載される見込みであるとのこと。

2020年発売のiPhoneは全モデルに有機ELディスプレイが搭載

現在、有機ELディスプレイが搭載されているiPhoneは上位モデルのiPhone XS/XS Maxの2機種だけだが、さらに下位モデルとなるiPhone XRの後継機種についても有機ELディスプレイを搭載する可能性が出てきた。

すべてのiPhoneに有機ELディスプレイが搭載されるという情報は、今年1月に米経済紙のThe Wall Street Journalがすでに報じていることから、実現する可能性はとても高くなってきている。

2020年に発売される5.42インチモデルについては、Samsung DisplayのY-OctaあるいはLG DisplayのTOEタッチテクノロジーのどちらかが搭載される可能性があるとし、これらのタッチ技術を導入することによって、画面のコストを引き下げることができるとDigiTimesは伝えた。高額化が定着しつつあるAppleの製品だが、来年のiPhoneに関してはもしかすると少し値段が安くなるかもしれない。

ちなみに、DigiTimesは今年(2019年)発売のiPhoneに関する情報も投下している。今年、Appleは3つの新型iPhoneを投入予定だが、これらの新型モデルはいずれも現行機種と画面サイズは変わらず、5.8インチ・6.1インチ・6.5インチとなるという。このうち、6.1インチモデルに関しては昨年と同じく液晶ディスプレイが搭載される予定で、iPhoneシリーズの中でも廉価版的な立ち位置になることが予想される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。