2020年の新型iPhone、画面内蔵型Touch IDが一部モデルに搭載か

来年発売の次期iPhoneには、少なくとも1つのモデルで画面内蔵型のTouch IDが搭載されるかもしれない。海外メディア経済日報が、Appleがディスプレイ関連会社と画面内蔵型の指紋センサーの開発について協議予定であることを報じている。

2020年発売のiPhoneには画面内蔵型の指紋センサーが搭載か

同メディアによると、AppleはGIS社と来週にも協議を行う場を設けるとのこと。協議の中身は画面内蔵型の指紋認証センサーについてで、Qualcomの超音波センサーを用いて、ユーザーの指を画面で認識する予定であるとのこと。協議次第では早くて2020年、遅くて2021年に同センサーがiPhoneに搭載されることになる。

画面内蔵型の指紋センサーについては、これまで著名アナリストMing-Chi Kuo氏Bloombergなど各方面から情報が伝わっていることから、Appleが同センサーの搭載に前向きであることは間違いない。ただし、実現は2020~2021年と報じられていたように、必ずしも来年の新型モデルで実装されるとは限らないようだ。

ちなみに、すでにAndroidデバイスについては一部のモデルが画面内蔵型の指紋認証センサーを搭載している。例えば、SamsungのGalaxy S10やGalaxy Note10など。また、OPPOのReno Aというコストパフォーマンスに優れたモデルでさえも搭載されており、やや一般的になりつつある。

生体認証としてFace IDだけが利用できる現行のiPhone。2020年の大型アップデートと同時に新たな認証機能を獲得することができるだろうか。

関連記事
画面内蔵型指紋認証センサー搭載iPhone、やはり2020年に登場する可能性あり?
画面内蔵型Touch IDを搭載したiPhoneは早ければ2020年秋に登場か

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。