Touch IDとFace IDを搭載したiPhoneが2021年に登場か

待望のTouch IDとFace IDを搭載した 「iPhone」 が2021年に登場するかもしれない。TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、再来年のiPhoneの予想を発表している。

Face IDとTouch IDの両方が搭載されたiPhoneが2021年に登場?

Kuo氏の予想によれば、Appleは2021年にTouch IDとFace IDを搭載したiPhoneを発売するという。Face IDは当然ながら顔認証機能。iPhone Xシリーズ以降に搭載されているものと同じものであるとみられ、顔をかざすことでiPhoneの画面ロック解除が可能だ。

そしてTouch IDは指紋認証機能。iPhone 8シリーズ以前までは当たり前だった同機能だが、2021年からは画面内蔵型の指紋認証になるというのがKuo氏の予想で、ユーザーはiPhoneの画面に指を置くことで指紋認証が完了するという。

すでにAppleは画面内蔵型の指紋認証センサーに関する特許を出願しており、同機能の搭載は実現不可能ではなさそうだ。

Galaxy S10シリーズの指紋認証機能

ちなみにKuo氏曰く、指紋は画面上のどこでも認証ができるという。よくある画面内蔵型認証センサーは画面下部に指を置く位置を示すアニメーションが画面に表示されたりするが、iPhoneの場合はそうではない。ただし、これを実現するには画面の消費電力や指紋認証の検知エリアや部品の厚みや大きさ、部品の歩どまりなどいくつもの改良が必要であるとのこと。

現時点では1年から2年以内にこれらの問題が解決できるとKuo氏は信じているようだが、AirPowerで技術的問題を克服できなかったAppleが二の舞を踏むことはできないため、Appleも開発に慎重になっているものと予想される。

ちなみに、Kuo氏は指紋認証と顔認証の関係を、「競合」 ではなく 「補完」 であるとの認識だ。本来であればどちらもユーザー本人であることを確認する機能だが、一時的にどちらか一方の機能が使えない時は別の機能がそれを補うことができるため、共存が理想となるという意味だ。具体例を挙げるなら、マスクを着けている時には顔認証機能を使えばiPhoneのロック解除ができるなど。

日本では多くのユーザーがマスクをつけているため指紋認証の復活を望む声が大きい。果たして、顔認証機能と指紋認証機能が両方存在するiPhoneは誕生するのだろうか。

関連記事
Apple、独自5Gモデムチップを2021年に自社製品に搭載か Intelのモデムチップ事業買収で
2020年に最低1台のノッチレスiPhoneが登場か さらに翌年にはすべてのiPhoneがノッチレスに

iPad mini Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 414
Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 713

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。