iPhone 13は全4機種のラインナップ。プロモデルは超広角レンズの性能が向上へ

今年の新型iPhoneこと 「iPhone 12」 はデザインの変更、5Gへの対応など多数の変化がもたらされたが、来年のiPhone 13はマイナーアップデートに留まる可能性が高い。ただしカメラ性能については大幅に性能が向上する可能性があるようだ。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏の最新(現時点の暫定)レポートによれば、AppleはiPhone 13(仮称)により高性能なカメラレンズを搭載することを計画しているとのことだ。

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは超広角レンズの性能が向上か

Kuo氏によれば、来年のiPhoneは全部で4機種。ふたつが下位モデル、そしてふたつが上位モデルとなる現行機種(iPhone 12)と同じラインナップになるという。端末サイズについても今年と同じになる予定。

このうちのハイエンドモデルはカメラ性能が向上する予定で、とくに超広角レンズがオートフォーカス付きのf/1.8、6Pレンズになるとのこと。現行モデルには固定焦点のf/2.4、5Pレンズが搭載されているため、性能が大幅に向上することになる。

ちなみに、来年は上位モデルのみにこの超広角レンズが搭載される予定だが、さらに翌年のiPhone 14(仮称)にはすべてのモデルに同広角レンズが搭載される予定だいう。

今年大きな変革を遂げたiPhoneシリーズだが、来年は小さな変化に留まる可能性がある。ただしカメラ性能については毎年順調に性能が向上していることもあり、スマートフォンで写真を撮影する人には注目のアップデート箇所ということになりそうだ。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | カックカクな新デザインの新型5Gモデル、その魅力とイマイチなところ。MagSafeも使ってみた
iPhone 13、全モデルでノッチ小型化か。著名リーカーが言及

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。