2022年発売のiPhoneは 「mini」 モデルが廃止か。8K対応の48MPカメラ搭載との情報も

2022年の発売が見込まれる 「iPhone 14」 シリーズには、超高解像度のカメラが搭載される可能性があることがわかった。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が最新の投資家向けレポートの中で、「2022年に発売予定のiPhoneには8Kに対応した4,800万画素のカメラが搭載される」 という予想を伝えた。

iPhone 14シリーズは 「mini」 モデルが廃止に?8K対応48MPカメラが搭載か

Kuo氏によると、2022年に発売するiPhoneのカメラは4800万画素のCMOSイメージセンサーが広角カメラとして搭載されるという。同センサーを搭載することによって、8Kのビデオ撮影が可能になる見通し。現在は4Kまでの対応であることから、ビデオ撮影性能は大幅に向上することになる。

Kuo氏はこのカメラ性能の向上は、将来のAR・MRデバイスへの布石と捉えているようだ。AR・MRデバイスで没入感の高いエクスペリエンスを実現するには8Kあるいは16Kのビデオが最適と指摘。iPhoneのカメラが8Kビデオ撮影に対応することは、AR・MRデバイスに適したビデオや写真を作成するために必要なことだという。

また、Kuo氏は2022年に発売するiPhoneのラインナップについて言及している。

現行のiPhoneのラインナップは6.7インチモデルが1つと、6.1インチが2つ、そして5.4インチが1つの合計4機種のラインナップになっているが、2022年発売のモデルは6.7インチが2つ、6.1インチが2つの合計4機種になるという予想だ。ハイエンドモデルとローエンドモデルにそれぞれ6.1インチ、6.7インチが1台ずつ投入される見込みだという。

現行モデル 2022年発売モデル
iPhone 12 mini 5.4インチ ローエンドモデル  6.7インチ
6.1インチ
iPhone 12 6.1インチ
iPhone 12 Pro 6.1インチ ハイエンドモデル  6.7インチ
 6.1インチ
iPhone 12 Pro Max 6.7インチ

Kuo氏の情報が正しいとするならば、2022年に発売するiPhoneには小型モデル 「mini」 シリーズが用意されないことになる。やはり 「iPhone 12 mini」 の販売が不調だったことが大きく影響しているのかもしれない。

そのほかKuo氏は、2023年に発売するiPhoneには画面内蔵型Face IDとペリスコープ望遠レンズが搭載されることを伝えている。またノッチの廃止も計画されていると伝えていることから、2023年にはいよいよフルベゼルレスiPhoneが登場するのかもしれない。ちなみに同アナリストは以前、2023年発売のiPhoneの少なくとも1台にはパンチホール式の内向きカメラが採用されることを伝えていた。

関連記事
次期iPhone搭載のA15チップは5月に生産開始か。4nmプロセスチップは2022年に
パンチホール採用の新デザインiPhoneが2022年発売か。噂の折りたたみ式iPhoneは約8インチ画面搭載で2023年発売との情報

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。