新品の「iPhone 3GS」が韓国で再販 価格は日本円で約4,500円

韓国で「iPhone 3GS」が再販されることが決まった。韓国メディアのETNewsは、同国の通信事業者「SK Telink」がiPhone 3GSを改めて販売する予定であることを伝えている。

iPhone 3GSは2009年6月に開催された「WWDC 2009」で発表された、当時の最新スマートフォン。Appleは「iPhone 3G」の次世代機として、高い処理能力を持つプロセッサと画素数の高いカメラを搭載した。

当時、発売から3日間で100万台の販売を記録したことで話題になった同端末だが、9年の時を経て再び販売されることに。

[ img via kuobo ]

再販されるiPhone 3GSは、中古品ではなく新品。倉庫で保管されていた未販売品を、動作確認した上で販売するとのこと。同梱物だった電源ケーブルやイヤホンも付属する。価格は44,000ウォンで、日本円にすると4,500円ほど。オンラインサイトを通じて販売する予定だ。

当時は最新のプロセッサだったが、現代のスマートフォンと比べると動作が鈍く感じるはず。また、OSも「iOS 6」までしかインストールすることができないため、iOS 7以降の機能を利用することはできない。現行のiPhoneに比べると、性能的にはきっとおもちゃのようなもの。

それでも、歴代のiPhoneをコレクションしている方にとっては、新品の「iPhone 3GS」は魅力的に映るかもしれない。一台の価格はわずか5,000円弱、興味がある方は購入計画を立ててみてはどうだろうか。発売は今月末を予定しているとのことだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。