次期iPhone、5G対応とデザイン変更も大幅な値上げにはならず

次期iPhoneこと 「iPhone 12(仮)」 シリーズは、3年ぶりのメジャーアップデートを遂げることが予想されている。さらに5Gに対応するためアンテナやメタルフレームの再設計などあらゆる箇所が変更される関係で、端末価格の値上げが懸念されていた。

しかし、著名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、来年のiPhoneは大幅な値上げは実施されないとのこと。

次期Phoneは大幅な値上げはない模様

Kuo氏曰く、次期iPhoneは5G対応のため新しいコンポーネントを搭載することで製造コストが30〜100ドル増える予定。そのため端末価格の上昇は避けられないものとみられているが、このコストの増加分のうち一部は、NRE(非反復エンジニアリング)を減らすことで相殺することができるのだとか。

増加したコストすべてが価格に転嫁するわけではないため、次期iPhoneは大幅な値上げにはならないというのがKuo氏の見方だ。

ちなみに次期iPhoneはこれまでと同様に金属のフレームを採用するが、デザインはiPhone 4/4Sと似たものを採用する関係で、現行のiPhone 11のようなデザインからは一度離れることが報じられている。

関連記事
2020年のiPhoneは大幅にデザインが変更される模様。iPhone 4を彷彿とさせるデザインに?
2020年のiPhoneはさらにバッテリー容量が増加か。内部設計の改良で

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。