5G対応iPhoneはやはり2020年に発売 モデムチップはQualcommとSamsungの2社が供給か

AppleとQualcommの特許を巡る争いは、急遽 「和解」 という形で終了した。裏でどのような話し合いがあったかは不明だが、兎にも角にもこの和解のおかげで、AppleはQualcommのチップの供給を受けることが可能になった。

この報道の後、Intelは5Gモデムチップの開発から撤退することを発表したこともあり、AppleはQualcommからのチップ供給によって次世代iPhoneを次世代モバイル通信規格 「5G」 に対応させるのではないかーー、そう報じられていたが、この予測に関して海外著名アナリストが投資家向けレポートで、「Appleは2020年に5G対応のiPhoneを発売する計画である」 と伝えている。

5G対応iPhoneは2020年に発売へ

これを伝えているのはTF International Securitiesの名物アナリストMing-Chi Kuo氏。彼は投資家向けに公開しているレポートの中で、Appleが5G対応のiPhoneを発売するのは2020年、5G対応モデムはQualcommとSamsungから調達すると予想している。

供給会社が2社になるのは、チップの供給安定化と、それぞれの供給会社に価格競争を促して調達コストを下げることが狙い。AppleはiPhoneの製造にあたり、複数のパートナーと契約することが多いが、今回も同様の契約形態となる可能性が高い。

発売は2020年後半を予定しているとのこと。詳細な時期については明らかにされていないが、例年通りであれば2020年9月頃に発表される可能性が高い。

また、5G対応iPhoneの発売によってiPhoneの需要が増え、世界的に販売台数が増加することが予想されるとKuo氏は伝えた。Kuo氏は2019年のiPhoneの販売台数を1億8800万~1億9200万台の販売台数になるとしているが、2020年は5G対応iPhoneの登場によって1億9500万台~2億台のiPhoneが売れると伝えている。

新型モデルが出ても新機能が少ないことから販売台数が前年割れしたiPhoneシリーズだが、Qualcommとの和解等を受けて、2020年には販売復調する可能性が出てきた。Qualcommとの争いは約2年間に及んだが、少なくとも今回の和解はAppleにとって大きな利益を生み出すことになりそうだ。

ただし、各ライバルはAppleよりも1年早い2019年内に5G対応スマートフォンを投入する。Appleは1年以上遅れる形となり、ライバルに先行を許す形となる。果たして、Appleは5Gへの対応をスムーズに行うことができるのだろうか。世界中のユーザーがこの”5G化”に注目をしている。

関連記事
早ければ2020年に5G対応iPhoneが発売?AppleとQualcommが全面和解
iPhoneの5G対応は早くて2020年か Intel製5Gモデムチップは2020年までスマホに搭載されない
iPhone、2020年に5G(第5世代移動通信システム)に対応か

[ via 9to5Mac / MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。