「iPhone 5se」は「A9」チップ、「iPad Air 3」は「A9X」チップ搭載か

a9x

3月にAppleが発表することが噂されている「iPhone 5se」と「iPad Air 3」は高性能のプロセッサを搭載することになるかもしれない。

「iPhone 6s」や「iPad Pro」に引けをとらないスペックに?

Bloombergは信頼出来る情報筋の話として、Appleが3月の新製品発表会で発表すると思われる新型4インチ型iPhoneの「iPhone 5se」は「A9」プロセッサ、「iPad Air 3」は「A9X」プロセッサを搭載すると伝えている。

a9-m9

「A9」は現行のApple製品では「iPhone 6s / 6s Plus」シリーズで搭載されているプロセッサで、「A9X」は「iPad Pro」が搭載している高スペックプロセッサだ。どちらのプロセッサもグラフィック性能やCPU処理が大幅に引き上げられていることもあり、新型機種の購入を検討している人には朗報と言えそうだ。

「iPhone 5se」に「A9」が搭載されるというのは以前から噂としてあった話で特段驚きはなく、今回Bloombergが伝えたことでより信憑性が高まる結果になった。だが、「iPad Air 3」に搭載されるプロセッサについては今のところ有力な情報は少なく、もし「A9X」が搭載されるようであれば、スペック的におそらく「買い」だろう。

現状の有力な情報をまとめると、「iPhone 5se」は「A9 / M9プロセッサ」を搭載し、RAMは1GB、「Apple Pay」と「Live Photos」に対応。「iPad Air 3」はSmart Connecterを搭載し、カメラ用のLEDフラッシュと4スピーカーシステムを搭載すると言われている。

[ via AppleInsider ]

a9x
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう