【随時更新中】3月21日発表予定の「iPhone SE」のスペックなどリーク情報まとめ!

iphone5s

【追記】2016年3月22日に、Appleから正式に「iPhone SE」が発表されている。販売価格や予約開始日など詳しくまとめたので、気になる方はこちら

Appleは2016年3月21日に新製品の発表イベントを開催し、新型4インチ型iPhoneである「iPhone SE」と「iPad Air 3」or 9.7インチ型「iPad Pro」を発表すると言われている。

この噂は昨年末あたりから徐々に囁かれ始めたのだが、2016年に入ってからは報道が過熱、大手メディアも含め様々な憶測が飛び交っている状況だ。そのため、両製品の具体的なデザインやスペックなどについてはまだ確定的な情報は少なく、具体像は依然不明なままとなっている。

今回はそのうちの一つ、新型4インチiPhoneについて今まで伝えられている情報の中でも有力な情報だけをまとめてみたので、もし購入を検討している人がいたら是非チェックしておいてほしい!

また、新型4インチ型iPhoneと「iPhone 5s」との比較表を当記事の下部に載せておいたので、こちらも併せて確認しておこう!

【追記】新型4インチ型iPhoneの名称は、「iPhone 5se」よりも「iPhone SE」が有力になったため、記載を「iPhone SE」に変更いたしました。

「iPhone SE」は「iPhone 6s」を小型化させたもの?

新型4インチ型「iPhone」の「iPhone SE」だが、今まで報道されている情報量の多さやAppleが噂を否定していないことから登場するのはほぼ間違いないと見ていいだろう。

新型4インチ型iPhoneの名前については「iPhone SE」になり、気になるデザインは一番有力な情報では「iPhone 6 / 6s」を小型化させたものになると言われている。

iphone 5se-leak[ img via OneMoreThing / 上はリーク画像。真贋は不明 ]

「iPhone 6 / 6s」に似たデザインを採用となると、「iPhone 5 / 5s」のようなエッジの効いたデザインではなくどちらかと言うと丸みを帯びたデザインになるのだろうか。ディスプレイも曲面ガラスが採用される可能性が大いにある。

そうなると、当然背面には「Dライン」と呼ばれるアンテナラインが存在し、若干だが出っ張った形状のカメラが搭載された「iPhone 6 / 6s」の特徴を踏襲したものになると思われる。

【関連】「iPhone 5se」のリーク画像が公開される?やはり曲面ディスプレイ / エッジを採用か

 

【追記】先日、一部のメディアで「iPhone SE」のリーク画像が公開された。このリーク画像の真贋は分からないが、それを見るとどちらかというと「iPhone 6」シリーズよりも「iPhone 5s」に似たデザインになるとのことだ。

iphone5sepret

iphone5serendaring3

詳しくはこちらを参照

CPUは「A9」プロセッサを搭載し、高速処理が可能に

現在の予想では、「iPhone SE」は「iPhone 6s」に引けを取らない処理性能を持つと言われており、「iPhone 6s / 6s Plus」に搭載されている高性能プロセッサ「A9」を搭載する可能性がある。

A9チップ

また、同時に「M9」コプロセッサも搭載すると伝えられており、iPhone内のセンサー類の処理を別途処理できるため高速処理化が図れるだけでなく、低電力化を実現でき、iPhoneのバッテリー消費を減らすことができるとのこと。

「M9」コプロセッサの搭載で期待できることは実はこれだけでなく、現在電源に挿した状態でないと利用できない「Hey Siri」が、「M9」の搭載によって、電源に挿さずとも利用できるようになる可能性がある。

【関連】「iPhone SE」は「A9」チップ、「iPad Air 3」は「A9X」チップ搭載か

「Apple Pay」と「Live Photos」に対応

新型4インチ型iPhoneである「iPhone SE」は、4インチ型iPhoneとしては初めて「Apple Pay」と「Live Photos」に対応すると言われている。「Apple Pay」は「iPhone 6 / 6 Plus」で初めて導入された機能で、Appleの独自電子決済システムだ。

Apple-Pay

「iPhone」のホームボタンに仕込まれた指紋認証システム「Touch ID」を利用することで本人認証と決済を同時に行うことができるシステムで、「iPhone」の目玉機能でもある。歴代4インチ型iPhoneは「iPhone 5s」から指紋認証システムが搭載されており、現在利用国が順調に増えていることを考えると、「iPhone SE」に搭載される可能性はかなり高い。

そして、第二の新機能である「Live Photos」は「iPhone 6s / 6s Plus」から搭載された機能で、写真を撮影する際に前後1.5秒を動画撮影することでまるで「生きた写真」のように動きのある写真を撮ることができるというものだ。

Live Photo

現在の「iOS 9」では、撮影した「Live Photos」を確認するには「iPhone 6s / 6s Plus」に搭載された「3D Touch」機能を使う必要があるので、もし「Live Photos」が導入されるのであれば、おそらく「3D Touch」にも対応すると思うのだが、今のところ有力な情報としては、「iPhone SE」は「3D Touch」には対応しないとなっている。

その他の機能としては、Bluetooth 4.2やVoLTE、無線LANの最新規格802.11acに対応すると言われているが、そこまで的確な情報はまだ出てきていない状況なので今のところは割愛させていただく。

【関連】「iPhone SE」は「iPhone 5s」よりも薄い端末に 代わりに3D Touchを搭載せず

カラバリにピンクが追加?それともローズゴールド?

Appleは全てのiOS端末のカラーバリエーションを統一することを目標にしているのではないか、そう一部報道では囁かれている。

iphone6s

実際にiOS端末のカラバリが統一されるのかどうかは分からないが、もしこれが本当だとするならば、今出ているiOS端末の中で最新は「iPhone 6s / 6s Plus」のカラバリで、「シルバー / ゴールド / スペースグレイ / ローズゴールド」の4色だ。

この4色展開を他の端末でも行っていくならば、おそらく「iPhone SE」もこのカラバリに従うことになることが予想される。

ただし、Macお宝鑑定団Blogによると、「iPhone SE」のカラーバリエーションは「シルバー / スペースグレイ / ピンク」の3色展開になる可能性も指摘されており、正確なカラーバリエーションについては不明なまま。今の段階で登場確実なのは「シルバー」と「スペースグレイ」ぐらいなものだろうか。

「iPhone 6s / 6s Plus」の「ローズゴールド」が登場した際は、かなりの女性人気を獲得したことからピンク系統のカラーが出る可能性は非常に高いと思う。

【関連】「iPhone SE」と「iPad Air 3」に新色「ローズゴールド」を追加か

【関連】「iPhone SE」はシルバー / スペースグレイ / ピンクの3色カラー展開か

発売日は3/18(金)か、それとも3月下旬から4月上旬か

情報量からするとおそらく登場は間違いないと言われている「iPhone SE」だが、発売日についても全く分からない状態だ。

Appleは「iPhone SE」の発表イベントを3月15日に開催すると言われており、これらの発表後に予約受付が開始されるものと見られている。

【追記】2016/3/11 3:22 Appleは2016年3月21日に、新製品発表イベントを開催すると発表した。発表されるまで発売日がいつになるかは分からないが、おそらく3月末頃に発売になると思われる。

大方の見方としては、3月下旬から4月上旬の発売が濃厚となっているが、一部報道では同端末発表後の3/18(金)に発売という情報もある3月下旬以降の発売となると少し余裕がありそうだが、発表から三日後ともなるとスケジュールに余裕がなく、発表後即座に予約する必要が出てくるかもしれない。

新型4インチ型iPhoneを待ち望んでいる人が相当数いることから、端末入手は熾烈な争いになる可能性がある。一刻も早く手に入れたい人は、発表イベントのスケジュールが確定したらすぐに予約できるよう準備をしておくことが大事になるかもしれない。

ちなみに、新型「iPhone」の発売となるとApple Storeで並ぶ長蛇の列を思い浮かべる人も多いと思うが、昨年よりAppleは全ての端末をオンラインでの予約受付に変更している。そのため、数日前から並ぶ必要は全く無くなっているので、注意が必要だ。

【関連】新型4インチ型iPhoneの「iPhone SE」と「iPad Air 3」は3/18に発売か

端末価格は400ドル(約52,000円)から?

iphone6s001

「iPhone SE」の値段はスペックなどによっていくらでも変わる可能性があるが、噂では新興国などの市場がメインターゲットの端末であると言われていることからそこまで高い端末代金にならないと予想する。

おそらく、高くても「iPhone 5s」のSIMフリー端末ほどの価格になると思われる。参考までに下記表に「iPhone 5s」のSIMフリー版の値段をまとめておく!

  iPhone 5s SIMフリー
16GB 58,800円(税別)
32GB 64,800円(税別)

リーク情報によると、アメリカでは16GB版が400ドル〜500ドルになると言われているので、日本円に直すと約44,000円〜55,000円ほどになるのではないだろうか。

また、契約キャリアや契約プランによって価格は変わってくるので、発表後は各キャリアをよく確認しておくことをお勧めする。

スペックまとめ表を確認しよう!!

以上が現状伝えられている情報から推測できる「iPhone SE」のスペックと価格だ。これらの情報を基に、「iPhone 5s」とのスペック比較表を作成したので確認してほしい。

  iPhone 5s iPhone SE
CPU A7 / M7 A9 / M9
RAM 1GB
カメラ 外向き 8Mピクセル(800万画素)
内向き 1.2Mピクセル(120万画素)
Apple Pay
Live Photos
3D Touch
通信規格  Bluetooth 4.0
 802.11a/b/g/n
 Bluetooth 4.2
 802.11a/b/g/n/ac
 VoLTE
カラー  シルバー
 スペースグレイ
 ゴールド
 シルバー
 スペースグレイ
 ゴールド?
 ローズゴールド?
 ピンク?

あくまでも噂ベースでの話なので、どこまで正しいかは今の段階では全く分からない。当然、フラッグシップモデルである「iPhone 6s / 6s Plus」を超えるようなスペックにはならないはずだが、現代のスマホスペックを考慮するとおそらくこれらの予想に近いものになる気がしている。

iPhoneユーザーの中でも「iPhone 5s」が発売されてから2年以上経過した今でも4インチ型iPhoneを使用しているユーザーの比率が高いことから、Appleは新型の4インチ型iPhoneを登場させる可能性は十分高い。

もし4インチ型iPhoneの登場を待っている人は、楽しみに待っていてもいいのではないだろうか。

iphone5s
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう