一部の 「iPhone 6s / 6s Plus」 で電源が入らなくなる不具合が存在 Appleが無償修理プログラムを発表

10月5日、Appleは 「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」 を発表した。同プログラムにより、対象のiPhone 6sやiPhone 6s Plusを持っている場合はAppleに無償で修理してもらうことができる。

一部のiPhone 6s / 6s Plusで電源が入らなくなる可能性あり

同プログラムは、一部のコンポーネントの故障によりiPhone 6s / 6s Plusで電源が入らなくなる問題があり、その問題が発生しているもしくは発生する可能性のあるデバイスをAppleが無償で修理するというプログラムになる。

対象となるデバイスは、2018年10月から2019年8月までに販売され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 6s / 6s Plus。公式サイトで公開されている 「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」 のページでシリアル番号を入力することで対象かそうでないかを確認することが可能だ。

Apple曰く 「電源が入らなくなる可能性がある」 とのことなので、現時点では正常に起動できても今後突然電源が入らなくなる可能性も十分にある。2018年10月から2019年8月までに購入したiPhone 6s / 6s Plusを持っている場合は、まずはこちらの修理プログラムのページでシリアル番号を入力して対象デバイスかどうかを確認した方が良さそうだ。

プログラムの対象だった場合、修理の手続きはAppleの正規サーボスプロバイダかApple Storeから可能。修理に出す前には必ずiTunesかiCloudでデータのバックアップを取っておこう。

ちなみに、すでに電源が入らないという理由でiPhone 6s / 6s Plusを修理したことがあるユーザーは、今回のプログラムの対象デバイスであった場合に修理代を返金してもらうことができる。心当たりがある方は同プログラムのページでシリアル番号を入力し、対象のデバイスかどうかを確かめたのちにAppleサポートに連絡を。

関連記事
iPhone 11 レビュー | 望遠レンズが不要なら今年は11を選ぶべきなのかも
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。