iPhone6s搭載のCPUチップ「A9」、メーカーによってサイズが違うことが判明。

Chip worksによると、iPhone 6s / 6s Plusに搭載しているA9チップはメーカーによってサイズが違うことが判明した!

iPhone6sのチップのサイズが違う事が判明!

AppleはiPhoneの製造に複数のメーカーに依頼している。噂ではSamsungとTSMCの2社で製造していると言われていたが、それは事実だったようだ。

実際に中に入っているチップを見てみると、Samsung製の「APL0898」は96平方ミリメートルTSMC製の「APL1022」は104.5平方ミリメートルである事が判明

これら二つに性能差があるかどうかは現段階ではわかっていない模様。また、今のところ自分の持っているiPhoneがどのチップを搭載しているか判別はできないとの事。

iPhone6sのチップのサイズが違う事が判明!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう