iPhone 6s / 6s PlusのRAMは2GBを搭載!

iPhone6sのRAMは2GB

9to5Macの記事によると、iPhone 6sとiPhone 6s PlusのRAMが2GBあることが判明した。
前回のiPhone 6 / 6 PlusはRAMが1GBだったことから、かなりの処理能力の向上が期待できる。

RAMとは、コンピュータに積まれるメモリーのこと。端末内のデータの読み書きをするために使う部品である。このRAMの容量が多いと同時に読み書きできる量が多いので、処理が早くなる

ソフトウェア開発に使う「Xcode」でiPhone 6sにRAM 2GBが搭載されているとの表示が!

よく考えてみると、iPhone 6sからは4K映像の撮影など相当量のデータ量や処理を扱う機会が多くなるはず。いくらiOSの動作が軽くなっても扱うデータが大きくなればそれだけ処理能力の速さは必要になるはず。

iPhone 5から変わらずのRAM 1GBでは限界がきたのかもしれない。今回はプロセッサーがA9になっただけでも結構なスペックアップなのに、RAMまでアップグレードだとすれば、かなり長い間使える機体になりそうだ。

ちなみにiPad ProのRAMは4GBになる模様。

iPhone6sのRAMは2GB
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう