「iPhone 7 / 7 Plus (Pro)」の新たなリーク画像が登場?やはりデュアルレンズカメラが搭載か

今秋に発売されるとされている「iPhone 7 / 7 Plus (Pro)」は、徐々に発表次期が近づいてきていることから、次から次へとリーク画像が公開されている。そして、本日も「iPhone 7 / 7 Plus (Pro)」のリーク画像が公開されているので詳細をお伝えする!

やはりデュアルレンズカメラが搭載か Appleは技術的な問題を克服?

今回のリーク画像は、iPhoneなどのリーク情報に定評のあるNowhereelse.frがサイト内で公開しているもので、「iPhone 7 / 7 Plus (Pro)」を撮影したものとみられるものだ。

iphone-7-7-plus-leak-img_1

まず、こちらが「iPhone 7 Plus (Pro)」の背面から撮影した画像だ。以前から噂されている通りの「デュアルレンズカメラ」が搭載されているのが確認できる。

「iPhone」の周りを囲っている白い型はおそらく「iPhone」を保護するものと思われるが、この画像を見るとデュアルレンズカメラの搭載の他にも背面のアンテナバンドが排除されているのが確認できる。

iphone-7-7-plus-leak-img_2

そして、こちらが「iPhone 7」を撮影したものとみられる画像だ。カラーはゴールドで、最終プロトタイプである可能性が高いとのこと。

4.7インチモデルの「iPhone 7」はデュアルレンズカメラを搭載せず、シングルレンズカメラになる模様。ただし、現行モデルよりもカメラサイズは大きくなり、カメラのレンズカバー部分が盛り上がった形になっているのがわかる。

現在販売されている「iPhone 6s / 6s Plus」は、カメラが出っ張っていることからデザイン的な不満を感じているユーザーが多い。しかし、上の画像を見ると現行モデルよりもさらに異物感があることから、もしこれが本物の「iPhone 7」だったら拒否反応を起こす人がいてもおかしくはなさそうだ。

iphone7prolendering2

先日、一部メディアによると、技術的な問題からAppleは次期「iPhone」へのデュアルレンズカメラ搭載を見送ったと伝えられており、今回のリーク画像はそれらに反する内容となっている。

もし本当に次期「iPhone」にデュアルレンズカメラが搭載されないとなると、現行モデルからの進化点があまりにも少ない。そうなると次期「iPhone」が売れないのは明白なので、Appleはどうにか「技術的な問題」を克服したのかもしれない。

ちなみに、Nowhereelse.frによると、iPhoneのアルミ筐体を製造するCatcher Technology社は「iPhone 7」の量産を始めているため、今後今回のような画像の流出が加速するだろうと伝えている。そうなると徐々に次期「iPhone」の正確な情報が明らかになってくると思われる。今後の情報に期待しよう!

[ via Touch Lab ]

iphone-7-7-plus-leak-img_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう