「iPhone 7 / 7 Plus」のCAD画像の3Dレンダリング動画が公開

なんということでしょう!2Dではそんなに気にならなかった背面カメラの出っ張りが、3Dだとこの通り…。

先日、uSwitchが公開した「iPhone 7 / 7 Plus」のCAD画像の3Dレンダリング動画が公開されているのでご紹介する。

背面カメラの出っ張りが意外に大きい?

uSwitchは先日、「iPhone」シリーズの筐体などを製造しているCatcher Technology社から流出したとされるCAD画像を公開。

iphone7leaks

そのCAD画像から読み取れる「iPhone 7 / 7 Plus」の特徴としては、どちらもイヤホンジャックが廃止され、「iPhone 7」の背面カメラは旧モデルより大きく、「iPhone 7 Plus」にはデュアルレンズカメラが搭載、さらに「iPhone 7 Plus」の背面下部には「Smart Connector」の端子が搭載されるというものだった。

そして昨日、Appleのリーク情報といえばこの人と言わんばかりの人物@OnLeaks氏の協力を得て、uSwitchはそのCAD画像を3Dレンダリング化した動画を公開している。

iphone7-7plus-3d-movie

動画では「iPhone 7 / 7 Plus」の2つの3Dモデルが並べられ、前後左右からぐるぐると見回すような内容となっている。

CAD画像では本体の凹凸がイマイチ分かりにくかったが、3Dになることで一目瞭然。背面のカメラが意外としっかり出っ張っていることなど細かい部分で新たな発見がある動画だ。

iPhone 6s / 6s Plus」や9.7インチ版の「iPad Pro」など、最近のApple製品は背面カメラが本体に収まりきらず、カメラが出っ張ってしまっているということが多く、Appleユーザーからは改善の声が上がっている。

個人的には、このカメラの出っ張り具合はさすがにカッコ悪すぎるような気がするので、なんとか秋までには背面カメラの薄型化に成功して、今回こそスマートな「iPhone」を出して欲しいものだ。

気になる動画は以下からどうぞ。

[ via uSwitch ]

iphone7-7plus-3d-movie
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう