Apple、「iPhone 7 / 7 Plus」で通話中にスピーカーボタンがグレーアウトする不具合の無償修理を終了

今年5月、「iOS 11.3」にアップデートした一部の「iPhone 7 / 7 Plus」で電話やFaceTimeでの通話中にスピーカーボタンがグレーアウトし、音声をスピーカーから出力できない不具合が発生した。

Appleはこの問題を認識しており、一部のユーザーからの報告では保証期間を過ぎても無償修理が行われていたようだが、この無償修理対応は先週で終了となってしまったことが判明した。MacRumorsが伝えている。

スピーカーボタンがグレーアウトする問題の無償修理が終了

MacRumorsが信頼できる複数のApple認定サービスプロバイダから入手した情報によると、Appleは「iPhone 7 / 7 Plus」で通話中にスピーカーボタンがグレーアウトする不具合に関する内部文書を削除したことを通知。

これにより、すでに保証期間が終了してしまった「iPhone 7 / 7 Plus」をAppleのシステムを介して無償修理することができなくなっており、修理するには保証外料金がかかってしまうとのこと。もちろん、まだ1年間の保証期間内である場合やApple Care+に加入している場合は無償での修理となる。

あくまで一部の「iPhone 7 / 7 Plus」のみで発生している問題であるとはいえ、なぜAppleがこのタイミングで修理を終了したのかは不明。ただし、日本では違う対応が取られている可能性もあるので、不具合に困っている方はまずはAppleサポートに連絡してみよう。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。