「iPhone 7」の「A10」プロセッサは台湾TSMCの1社体制で製造か

A9チップ

iPhone 6s / 6s Plus」のCPUチップの性能が、製造元によって違うという問題が出てから結構久しいが、どうやら次世代プロセッサ「A10」の製造は1社体制になるようだ。

韓国のThe Electronic Timesは、「iPhone 7」に搭載されると思われる「A10」プロセッサは台湾のTSMCが独占製造を行うと伝えている。

Samsung製「A9」とTSMC製「A9」の性能差はもはやAppleにとってもリスク

The Electronic Timesによると、Appleは2社体制で行っていた製造を、「A10」から1社に戻すことが報じられている。Appleが1社体制に戻すには理由があり、それはおそらく昨年の「Chipgate」問題にある。

iPhone 6 / 6 Plus」の「A8」プロセッサはTSMC社だけが請け負っていたように、Appleが開発している「A」シリーズプロセッサは、ひとつの会社が独占で製造を請け負ってきた。

「A」シリーズプロセッサを1社でのみ製造していたAppleだが、昨年はそれまでの方針を変え、「iPhone 6s / 6s Plus」に搭載された「A9」チップはTSMC社と韓国のSamsung社の2社体制で製造を行っている。

「iPhone 6s / 6s Plus」の発売後、有志によるベンチマーク比較では、誤差の範囲ではあるものの若干の性能差があることが判明、この事実はAppleも認めている。当然、同じ価格の端末間で性能差があるという事実に納得できないユーザーも多く、一時はユーザー間で購入を控える動きも発生した。

今回の報道が本当であれば、Appleは昨年のような騒動を起こさないためにも、次世代プロセッサ「A10」を1社独占製造に戻す予定なのだろう。実際は誤差の範囲だった性能差も、騒動が起こり「iPhone」が売れないのであればAppleも本意ではない。

「A10」プロセッサは10nmプロセス技術が導入される予定で、TSMC社の1社で製造を行う。今年の6月にもチップの量産を行う予定であるとのことだ。

1社体制で製造が行われれば、おそらく昨年のような騒動は起こらないだろう。いちゃもんをつける隙もない完璧な「iPhone」の誕生をユーザーは待っている。

[ via 9to5Mac ]

A9チップ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう