「iPhone 7」のバッテリー容量は「iPhone 6s」から微増か? リーク画像から判明

今年の秋に発売されるであろう「iPhone 7」だが、現在の有力な情報として「iPhone 6s」シリーズから大きく変更される箇所は少ないと言われている。

一応、イヤホンジャックが廃止されたり、「SmartConnecter」や「デュアルレンズカメラ」が新たに搭載されると言われているがそれ以外に変更点はないのか。いいえ、バッテリー容量もほんの少し向上するようです。

バッテリー容量は20~40mAh向上

iphone-7-battery[ image via 9to5Mac ]

9to5Macによると、中国Weiboで「iPhone 7」のバッテリーを撮影したとみられる画像がリークとして掲載されている。リーク画像によると、「iPhone 7」のバッテリー容量は1,735mAh、「iPhone 7 Plus」が2,810mAhとなっていることが分かる。

現在販売されている「iPhone 6s / 6s Plus」のバッテリー容量はそれぞれ、1,715mAhと2,750mAhなので、どちらのモデルも微増することになる。

「iPhone 7」は、現行モデルとほとんどサイズやデザインが変わらないと言われているが、少しでもバッテリーライフが改善されるのは嬉しいところ…なのだが、20mAh程度の違いで実際にどれほどバッテリーライフが向上されるのか。実際に今回のリーク画像が本物かどうかはわからないが、この程度の改善だったらむしろもっと新機能を載せて欲しいところだ。

ちなみに、バッテリー容量が増えても搭載される部品によっては消費電力も違う。もし消費電力が増えたら、バッテリーライフの向上にも繋がらない可能性もあるので、今回のリーク画像はそこまで参考にならない可能性も。

[ via 9to5Mac ]

iphone-7-battery
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう