「iPhone 7」のダミーユニットが公開 「Smart Connector」は搭載されるのか

先ほど、「iPhone 7」のCAD画像「iPhone 7」の最新リーク画像が公開されたことをお伝えしたが、これとは別に新たにモックアップを撮影したと思われる画像が登場しているのでお伝えする。

アンテナラインは消失しているが、「Smart Connector」がまだ存在

MacRumorsは、匿名の人物から提供してもらった「iPhone 7」用のダミーユニットを撮影した画像を公開している

iPhone 7 ダミーユニット

このモックアップ画像によると、「iPhone 7」の背面からアンテナライン(Dライン)がなくなり、「Smart Connector」が搭載され、カメラの出っ張りがなくなっているのが分かる

アンテナラインに関しては「iPhone 6 / 6s」で不評だったことから廃止はかなり濃厚で、今回のモックアップ画像でアンテナラインがなくなっていることは頷ける。

しかし、先日Appleが搭載を見送ったと噂されていた「Smart Connector」が搭載されているところを見ると、今回撮影されたモックアップ画像はAppleが搭載を見送る前に作られたダミーユニットである可能性も。それとも、Appleが再度搭載を決断したのか、真相は謎のままだ。

また、「iPhone 7」はカメラの仕様が改善され、カメラ部分の出っ張りはなくなると噂されているが、このモックアップでも噂の通り突起はなくなっている。おかげで背面部分は割とスッキリとしている印象だが、レンズサイズが現行モデルと大差ないことから、「iPhone 7」にはデュアルレンズカメラは搭載されないのかもしれない

先日から「iPhone 7」に関する様々な新情報が登場しているが、実際に発売になる「iPhone 7」がどうなるかについてはまだまだ分からないことだらけだ。Appleは今もなお「iPhone 7」のテストを実施しているようだが、一体どんな端末になるのだろうか。

今回のモックアップ画像もおそらく「Smart Connector」の搭載を検討している当時のものと思われるため、ある意味情報が少し古い可能性もある。今後の「iPhone」関連情報に注目だ。

[ via MacRumors ]

iPhone 7 ダミーユニット
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう