「iPhone 7」は「スペースブラック」仕様に?ホームボタンは感圧タッチ式に置き換わる可能性も

[ image via 9to5Mac ]

カメラの仕様変更と新色の追加以外に変更点が少ないと噂されている「iPhone 7」だが、ホームボタンの仕様が変更になる可能性があることが明らかになった。

9to5Macによると、「iPhone 7」シリーズのホームボタンは感圧タッチ式ホームボタンに置き換えられ、ユーザーのホームボタンの押す力を認識できるようになるかもしれない。

感圧タッチ式ホームボタンとはどんなもの?

感圧タッチ式ホームボタンとは具体的にはどういうものかというと、イメージとしては「iPhone 6s / 6s Plus」の画面、もしくはMacのアクセサリー「Magic Trackpad 2」のようなものだろうか。

3dtouch2

「感圧タッチ」機能とは、ディスプレイやボタンなどに「Taptic Engine」と呼ばれるモーターが搭載されていて、それが動作することでユーザーに振動を与える「感触フィードバック」を搭載したものだ。実際に画面やボタンを押し込むことができるわけではないが、力が加わることで、あたかもユーザーが押し込んだかのように感触を伝えることができる。

もし、これらと同じ仕組みの感圧タッチ機能になるならば、通常のクリックやタップよりも強く押し込むことで、端末は押された力を認識することができるようになるだろう。

Appleがホームボタンを感圧タッチ式にする意図自体はよく分からないが、ユーザーに対して新しい操作を提供するために搭載されるのかもしれない。

また、上記でも触れたが、感圧タッチ機能は物理的にプッシュできないようになっている。つまり電源が入っていないと押すことができないはずだ。

iPhoneがフリーズした時や電源が入っていない時にホームボタンを押す動作(例えば電源ボタンとホームボタンを同時に押す強制リセットなど)をする時にはホームボタン以外の物理ボタンを使うように仕様変更になる可能性もある。

新カラーは「フォーマルブラック」ではなく「スペースブラック」に?

そして「iPhone 7」は新色として「フォーマルブラック」が追加され、5色展開になると昨日お伝えしたが、やはりブラック系のカラーが追加される可能性は極めて高いとのこと。

iphone-7-deep-blue-img_4

ただし、「iPhone 7」の新色は「フォーマルブラック」ではなく「スペースブラック」になり、「Apple Watch」を彷彿とさせるより黒いカラーリングになるようだ。

これらの情報はあくまで噂にすぎないが、ただでさえ変更点が少ないと言われている「iPhone 7」なのだから、せめて新カラーなどの新要素は盛り込んで欲しいところ。もし黒系の新色が出たら僕はそれ一択になるのだが、果たして実際に発売になるのだろうか!?

[ via 9to5Mac ]

iphone-7-spaceblack
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう