「iPhone 7」は「iPhone 6s」とサイズは同じでもカメラ部分が大きく異なる?

iphone7case-macrumors3

今年の秋に発売する新型「iPhone」の「iPhone 7」は、現行の「iPhone 6s」と外見はほぼ変わらず、マイナーアップデートに留まると噂されているが、もしかするとその噂の通りになる可能性が高いかもしれない。

MacRumorsが、これまでの噂に基づいて作成された「iPhone 7」のケースを「iPhone 6s」に取り付けた動画を公開しているので詳細をお伝えする!

「iPhone 7」はカメラサイズが大きくなり、位置が下にずれる?

iphone7case-macrumors1

今回MacRumorsが公開した動画によると、今までの噂通り「iPhone 7」のケースは「iPhone 6s」にぴったりはまる大きさで、側面の電源ボタンや音量ボタン、マナーモード切り替えスイッチなどの位置も完全に一致している。

iphone7case-macrumors2

このケースでは「iPhone 7」はiSightカメラが一回り大きくなるという噂が採用されているようで、裏側のiSightカメラ用の穴が大きくなっており、その影響で「iPhone 6s」よりカメラの位置がちょっと下にずれている。また、カメラ側の方がLEDフラッシュライト側より大きく広がっており、歪な形になっている様子が分かる。

これだと「iPhone 7」は現行モデルとサイズはほぼ同じといえるが、残念ながら「iPhone 6s」のケースは「iPhone 7」に装着できない可能性が高い。

今回、MacRumorsが入手したケースはiSightカメラ部分の穴が大きく開けられており、はじめ見た時はちょっと大きすぎるのではないかと目を疑ったが、最近の「iPhone 7」のリーク画像ではiSightカメラが大きく出っ張っている画像が多く見受けられるので、そういった噂を考慮して作成されたのかもしれない。

iphone7case-macrumors4

また、この動画ではヘッドフォンジャック部分についても若干触れられており、今回のケースは、ヘッドフォンジャックが廃止され、ステレオスピーカーが搭載されることを前提とした構造となっているため、スピーカー用の穴が両側に設けられている

もしヘッドフォンジャックが廃止された場合、今までヘッドフォンジャックが搭載されていたスペースが空いてしまうので、そこにもう1つのスピーカーを搭載する可能性は十分あり得るとは思うが、実際にステレオスピーカーが搭載されるかについては定かではない。

[ via MacRumors ]

iphone7case-macrumors3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう