「iPhone 7」のリーク画像が流出 アンテナラインやカメラの出っ張りはなしか

今秋にAppleが発売するとされている「iPhone 7」は、現在までに様々なリーク画像が出てきており、外見としては「iPhone 6s / 6s Plus」とそこまで大きな違いはないとされているが、そんな「iPhone 7」の新しいリーク画像が登場だ。

ITHomeは、「iPhone 7」の新たなリーク画像とみられる写真を公開しているので、詳細をお伝えする。

アンテナラインは廃止、カメラの出っ張りもなしか

iPhone 7 リーク画像

今回、ITHomeが公開したリーク画像はこちら。画像を見る限り、サイドにある電源ボタンや音量ボタン、マナーモード切り替えスイッチなどは「iPhone 6 / 6s」シリーズと変更はないようだが、不評だったアンテナラインやカメラの出っ張りがなくなり、かなりスマートな見た目になっている

先ほど公開されたCAD画像と外見が一致しているということは、もしかすると本物である可能性もあるが、今回のリーク画像は解像度も低く、背面のアンテナラインも一部ではなく、すべてがなくなっているなど今までの報道とは違う点が存在することから、今回のリーク画像はフェイクである可能性も高い。

先日、AppleのCEOティム・クック氏がCNBCの番組に出演した際に、「iPhone 7」は「生きていく上で必要不可欠になる機能」が搭載され、「iPhoneユーザーの誰もが買い替えたいと思うような魅力あふれるiPhoneになる」と発言している。

これほどの自信があるということは、「iPhone 7」にはすごい機能が搭載されるということなのかもしれないが、外見はもしかしたら前モデルとさほど変わらないのだろうか。機能はすごいが、見た目はあまりカッコ良くないiPhoneにだけはなって欲しくないものだ。

[ via ITHome ]

iPhone 7 リーク画像
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう