「iPhone 7 / 7 Pro (仮称)」のコンセプト画像が新たに公開

今年の秋に発売する「iPhone 7 / 7 Plus(Pro)」には、残念ながら新しい機能がほとんど搭載されないと言われている。デザインもほとんど「iPhone 6s / 6s Plus」と変わらないと言われていることから、もしかしたら今年は「iPhone」を買うのを見送る人もいるかもしれないが、それでも新型「iPhone」となると気になる人が多いはず。

今まで様々なコンセプトデザインが登場しており、その都度紹介してきたが、本日も同端末のデザイン画像が登場しているので紹介する。

ヘッドフォンジャックが廃止されることで「iPhone」ケースの底面部は左右対称ではなくなるかも

本日公開されているのは未発表の製品のレンダリング画像を作成することで有名なMartin Hajek氏によるコンセプトデザインで、今までの「iPhone 7 / 7 Plus」に関する噂を踏襲したものとなっている。

iphone7prolendering4

まずこちらが、「iPhone 7」。カメラは現行モデルよりも大きめサイズになるようだが、結局はカメラが出っ張るデザインのまま。その他大きくデザインは変更されず、内部のスペックだけが向上するのだろうか。

iphone7prolendering6

カバーを装着するとこんな感じ。ヘッドフォンジャックがなくなることで、カバーが覆える面積は増えるが特にその意味はなさそうだ。

iphone7prolendering2

そしてこちらが「iPhone 7 Pro (Plus)」。こちらは「iPhone 7」と明確な差別化を図るために、カメラ性能が大きく引き上げられている。

デュアルレンズカメラを搭載し、より綺麗で立体的な写真を撮ることができるようになるかもしれない。

iphone7prolendering5

そして、今までの噂通り、ヘッドフォンジャックが廃止されているがステレオスピーカーが採用されず。また、背面には「Smart Connector」が搭載される模様。

iphone7prolendering1

iphone7prolendering3

どちらの端末も背面のアンテナラインが廃止されているが、いずれにしても今までの噂通りだと、現行モデルの「iPhone 6s / 6s Plus」とほとんど変わらないようにも見える。AppleのCEOティム・クック的には、次期iPhoneは「人が生きていく上で必要不可欠な機能」が搭載するらしいが、それはハードウェアに依存しない新機能になるのだろうか。

「iPhone 7」に関してはほぼ全デザインの設計が完了しているという話もあるが、まだ確定的な情報は出てきていない。発表までまだ時間があるので、今後の情報で少しでも「iPhone 7 / 7 Pro (Plus)」が進化してくれていることを祈るのみだ。

ちなみに、今回のMartin Hajek氏が公開したレンダリングデータはこちらから配布されている模様。同時にケースの3Dデータも配布されているようなので、もし見たい方はこちらから閲覧してみてほしい。

iphone7prolendering4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう