Apple、次世代iPhoneで有機ELディスプレイを搭載は確定的か Samsungと契約を結んだとみられる

iPhone-7-1

間もなく新型4インチ型「iPhone」の発表が控えているAppleだが、今後発表する予定の次世代「iPhone」で有機ELディスプレイを搭載すると予想されている。

海外のメディアによると、有機ELディスプレイは早くても来年発売される「iPhone 7s」か、それ以降の世代機で採用される予定とみられているが、その準備が着々と進んでいるようだ。

Apple、有機ELディスプレイ大手のSamsungと契約か

韓国メディアのET Newsによると、Samsung DisplayはAppleと「iPhone」向け有機ELディスプレイの供給で正式契約に至り、メインサプライヤーに選ばれたと伝えている。

9to5Macによると、Appleは今後Samsung Displayとは他に、LG DisplayやJDI(ジャパンディスプレイ)、Foxconnのいずれかとも同ディスプレイの2次サプライヤーとして契約する予定で、その中でも2次サプライヤーはLG Display、2次サプライヤーにJDIが選出されると予想されているとのことだ。

iphone-6-battery

有機ELディスプレイは現行のディスプレイに比べて消費電力が少なく、画面の色合いがハッキリとした色調になるのが特徴。スマホの電池持ちに関係するだけあって、どのメーカーも積極的に採用し始めている技術だ。

「iPhone」も決して例外ではなく、軽量化や薄型化に貢献できる可能性がある技術なだけに今後の搭載が濃厚とされている。有機ELディスプレイは早ければ「iPhone 7s」から搭載とみられているが、楽しみだ。

[ via 9to5mac ]

iPhone-7-1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう