「iPhone 7」は「防水仕様」でようやく「アンテナライン」が消える可能性

iphone7plus3gb

人によっては現状のiPhoneのデザインを受け入れられない人もいるのではないだろうか。

背面にあるアンテナラインがあまりにはっきり見えてしまうため、昔のiPhoneのデザインを知っている人だとどうも購入する気になれない、といった人だ。

このアンテナラインが導入されてからしばらく経つので、僕としては全く違和感なく使っているが、最初にアンテナラインが導入された頃にはかなりの違和感を感じた記憶がある。

そのため、アンテナラインが原因でiPhone背面の一体感がなくなり、デザイン的の観点から購入を尻込みしてしまう人がいるのも納得である。

このアンテナライン(通称:Dライン)は、iPhoneの背面を金属にするためには欠かせないもので、電波を送受信するためにアンテナを端末の外に露出する必要がある。そのため、どうしても現在のDラインのようなアンテナラインが必要になってしまっている。

だがそれももう過去の話になってしまうのかもしれない。Appleは再びアンテナラインが露出しないデザインのiPhoneを作ることができるようだ。

iPhoneの背面に新素材を使用、アンテナラインを隠すことに成功か

DigiTimesによると、Appleは次期iPhoneの「iPhone 7」はアンテナラインをデバイス内部に隠しても、電波を通すような新素材を筐体に使用するのではないかと報じている。

iPhone6s レビュー002

どんな素材が使用されるのかについて言及されていないため、どのようなデザインになるのかについては詳細は不明だが、もしこれが実現すると、iPhoneは再び背面にアンテナラインがないデザインに戻すことができる。

また、この情報とは別に「iPhone 7」は防塵・防水機能を搭載することも予想されている。

「iPhone 7」については様々な憶測が飛び交っているが、防水や防塵に加えて、「ワイヤレス充電システムの採用」「ヘッドホン端子をなくすことでさらなる薄型化を図る」などと大きな変更を予想する声が多い。

これまでも「iPhone 5」、「iPhone 6」などのタイミングで大きな変更点を加えられていることを考えると次世代iPhoneとなる「iPhone 7」ではスペックやデザインに大きな変更が加えられる可能性が高い。それだけに日に日に、ファンの期待の声が高まっている状況だ。

今後もこのような情報が出てくることも多いかと思うが、しっかりチェックしておこう!

[ via DigiTimes ]

iPhone6s レビュー002
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう