Apple、iPhoneシリーズを2017年に刷新か 有機ELディスプレイ搭載と筐体はガラス仕様に?

iPhoneシリーズは定期的にデザインの大幅変更を行っている。Appleの近年の傾向を見ると2年に1度、「iPhone」のナンバリングが切り替わる時(たとえば「5s」から「6」)にデザインが一新している。

これで言うと、次にデザインが一新されるのは「iPhone 7」が発売する予定の今年になるはずなのだが、もしかして次のタイミングは来年にずれ込むかもしれない!?

有機ELディスプレイを採用、さらに「iPhone 4/4S」時代のようなガラス筐体に戻る?

iphone5s-6s1

9to5Macによると、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が、Appleはガラスケースや有機ELディスプレイを採用するなど、2017年に「iPhone」のラインナップを大幅に刷新すると予測していることを報じている。

Ming-Chi Kuo氏によると、Appleが2017年にリリースする「iPhone」は、「iPhone 4/4S」時代に採用されていたような、側面は金属製で表面と裏面をガラスで挟み込む方式になると予想している。

上記の方式を採用するとしても、当然デザインは「iPhone 4/4S」時代のものとは異なるわけだが、次世代「iPhone」は、最新の「iPhone 6s」よりもベゼル部分がもっと狭くなり、また曲面ガラスと曲面ディスプレイも採用され、より手に馴染むデザインiPhoneに仕上がるという。

Apple、さらに巨大な5.8インチ型「iPhone」も投入か

さらにKuo氏は、5.5インチ型「iPhone」よりもさらに大きい5.8インチ型「iPhone」の投入が行われると予想している。

先日から、5.8インチ型「iPhone」の登場は他メディアでも予想されていたのだが、Kuo氏も同様の予想をしていることが明らかになった。ただ、他メディアとは少し違う点があり、それは5.8インチ型「iPhone」は現在の5.5インチ型「iPhone」に置き換えられて登場するという点だ。

iPhone-7-1

2017年に発売される新「iPhone」は本体のサイズがより薄く、より小さくなることが予想されている。ディスプレイは大きくなっても本体のサイズはさほど変わらない大きさにすることができるのではないかということらしい。

また、次世代「iPhone」にはワイヤレス式充電方式の採用が行われる可能性があるようだ。Appleが共同で開発している離れていても充電することができるワイヤレス充電方式が採用されるかどうかは今のところわからないとのこと。

さらに新しい生体認証システムが搭載される可能性もあるようだが、顔認識でロック解除できるようになるのか、目の網膜や虹彩で本人確認するのかは不明。ただ、巷ではそういった情報がにわかに浮上してきているのも事実であるようだ。

「iPhone」のデザイン変更サイクルは2年から3年へ?

これらが全て実現された場合、現在販売されている「iPhone」からはかなり大幅な進化になる。曲面ディスプレイというのもSamsungの「Galaxy S7 edge」のようなものになる可能性もあるし、「iPhone 4/4S」時代の高級感あるデザインに戻る可能性もある。

Kuo氏の予測は、どこまでも想像を膨らますことができるものになっているが、一つ気になるのはデザインの刷新時期だ。冒頭でも述べた通り、Appleは2年に一度「iPhone」のデザインを一新している。そのため、大方の予想ではその節目となる「iPhone 7」で大幅に変更されると予想されている。

だが、もしかするとこの2年サイクルは3年に引き伸ばされることになるのかもしれない。そうなると今年登場する「iPhone」は「iPhone 7」ではなく、「iPhone 6」シリーズとして販売されるのかもしれない。そして、今年に発売となる「iPhone」は、「iPhone 6SE」となる可能性も?

[ via 9to5Mac / AppleInsider ]

iphone5s-6s1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう